香川3人惨殺事件「パパは自殺寸前だった!」―新潮45 eBooklet 手記編1

香川3人惨殺事件「パパは自殺寸前だった!」―新潮45 eBooklet 手記編1

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

作品内容

2007年11月、香川県坂出市で祖母と孫娘二人が惨殺された。ワイドショーは当初から家族に疑惑の目を向け、被害者の父を半ば“犯人”扱いして追いかけ回した。「パパはその晩、本当に死のうと思ったらしい。三人の行方はわからず、安否も知れない。そんなときに犯人扱いされ、おまけに心ない人たちに弄ばれて、もう逃げ出したい気持ちだったといいます。みんなが寝た後に一人でどこかに行って死ぬつもりだったようです」――遺族が語った家族の辛苦と、犯人の本当の動機。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮45
シリーズ
新潮45eBookletシリーズ
電子版発売日
2011年08月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

香川3人惨殺事件「パパは自殺寸前だった!」―新潮45 eBooklet 手記編1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

新潮45 eBooklet 手記編 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 香川3人惨殺事件「パパは自殺寸前だった!」―新潮45 eBooklet 手記編1
    2007年11月、香川県坂出市で祖母と孫娘二人が惨殺された。ワイドショーは当初から家族に疑惑の目を向け、被害者の父を半ば“犯人”扱いして追いかけ回した。「パパはその晩、本当に死のうと思ったらしい。三人の行方はわからず、安否も知れない。そんなときに犯人扱いされ、おまけに心ない人たちに弄ばれて、もう逃げ出したい気持ちだったといいます。みんなが寝た後に一人でどこかに行って死ぬつもりだったようです」――遺族が語った家族の辛苦と、犯人の本当の動機。
  • 担当編集者が見た「素顔の城山三郎」―新潮45 eBooklet 手記編2
    「城山さんをぶっきらぼうでとっつきにくいと言う人もいるが、それはTV画面によく登場する、多幸症的な大げさな笑いと身振り、照れや含蓄の全くない饒舌などに慣れてしまったからだろう。」昔からシャイで無口、自分の作品の主人公たちと同様に「生涯一書生」の姿勢で一貫していた城山三郎。半世紀にわたり編集担当として氏の伴走をし続けてきた著者の綴る、人間・城山三郎への惜別。

新潮45 eBooklet 手記編 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮45 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング