たったひとつだけの恋

たったひとつだけの恋

作者名 :
通常価格 586円 (533円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

江戸友禅作家・古森健二は30歳。麻生祐一の弟子だった健二は祐一の息子・日比野晃を子どもの頃からかわいがっていた。晃は高校生になった今も無邪気に健二に甘えてくる。ある日、晃にヤクザの愛人だと噂の同級生・日和を置いてほしいと頼まれる。仕方なしに承諾した健二の前で、日和は晃にやたらと迫ってくる。そんな二人を見て面白くない健二だったが……。

ジャンル
出版社
幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル
幻冬舎ルチル文庫
電子版発売日
2011年09月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

たったひとつだけの恋 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年09月27日

    友禅作家シリーズ三作目です。一作目「君が誰の隣にいても」は重たい内容。二作目の「そこに愛はあるのか」は受けが男前でした。そして今作では一作目で5歳児だった晃が一途に頑張ってくれます。もちろん晃が攻め様です!!一作目を読んだらもう買うっきゃないでしょ!気になる新脇キャラも登場しますし・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    シリーズ最終話です
    山田ユギさんへ
    表紙裏の自己紹介のところでの
    ネタバレは止めて下さい〜〜〜

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「君が誰の隣にいても」の5歳だった息子、晃と弟子の健二の話。挿絵ですが正直表紙見たとき、私の中の健二像と全然違ったのでかなり凹みました。ずっと健二は活発な短髪系だと思ってたんで。お話としてはまあまあ良かったのですが健二側視点の物語進行より晃側視点が中心で物語が書かれていたらもっとおもしろかったのにな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています