なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

EUは廃止、米国でも一五州で廃止された死刑制度を未だ適用するわが国で昨今、死刑基準に変化が生じている。そもそも死刑基準と言えば、一九八三年に最高裁が永山事件で示した「被害者の数」「犯罪の性質」「犯人の年齢」などが指針とされてきたが、近年では少年犯、一人殺害でも死刑になる可能性が高まっている。国民の誰もが死刑裁判に立ち会う可能性がある今、妥当な死刑判決はあり得るのか。戦後の主立った「死刑判決」事件を振り返りながら、時代によって大きく変わる死刑基準について考察する。

ジャンル
出版社
幻冬舎
電子版発売日
2011年07月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか 変わりゆく死刑基準と国民感情 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年11月30日

    日本では昨今、死刑基準に変化が生じている。国民の誰もが死刑裁判に立ち会う可能性がある今、妥当な死刑判決はあり得るのか。戦後の主だった「死刑判決」事件を振り返りながら、時代によって大きく変わる死刑基準について考察する(表紙カバー)。

    本書は実にシンプルな構成となっている。第1章では、戦後日本のめぼし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月28日

    ■永山基準
    ①犯行の罪質
    ②動機
    ③態様,ことに殺害の執拗性・残虐性
    ④結果の重大性,ことに殺害された被害者の数
    ⑤遺族の被害感情
    ⑥社会的影響
    ⑦犯人の年齢
    ⑧前科
    ⑨犯行後の情状
    ■死刑の基準の裏にある二つの基本的観点。
    ①「(殺人の)抜きがたい犯罪傾向」の有無
    ・なぜ前科の存在が死刑に結び付く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月05日

    日本と世界の死刑観というよりは、日本の死刑の歴史。(実例から傾向を読み取る)

    死刑よりは、終身刑(日本には終身刑ないことを知らんやった。事実上の終身刑はあるらしいけど。)のほうがいいんじゃないのかっていうのが著者の主張。概ね賛成。
    最近は、殺した人数とか計画的かどうかよりも、被害者家族の心情のほう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月30日

    むかしのほうが 凶悪な 事件が おおかったというのは 常識になりつつあると おもいますが、計画性の たかい 事件も むかしのほうが おおかったのが 意外でした。

    死刑と 日本人の 関係を 論じるには 事件報道の 影響も 無視することはできませんが、この 本では それについての 検証がなかったのが ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月21日

    延々と述べられている、戦後から最近に至る、死刑の対象となった犯罪の要旨が淡々としているだけにコワい。こんな事で死刑に?ということも、たまにあるのがまた怖い。案外基準はあいまい。自分が裁判員になったらこの本のことを真っ先に思い出すだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています