テレビのなみだ 仕事に悩めるあなたへの77話

テレビのなみだ 仕事に悩めるあなたへの77話

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

『SMAP×SMAP』『めちゃ×2イケてるッ!』など人気番組の放送作家で、森三中の大島美幸さんとの結婚でも知られる筆者が、プロデューサーからお笑い芸人までテレビ人の熱い「仕事術」をつづる。アエラ連載に大幅加筆。読めば元気が出て、最後はホロリとさせられる珠玉のストーリー。業界志望の就活生や、仕事に悩める若きビジネスマンにお薦め。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
朝日新聞出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年07月15日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

テレビのなみだ 仕事に悩めるあなたへの77話 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年03月30日

    最後に泣きました・・・・


    いろんな生活の向こう側には人がいる。

    快適さ、笑い、楽しみ、その向こう側には、苦しみ、泣いて笑っている、人がいる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月29日

    クスッと笑えるエピソードが満載。
    途中まであんまりおもしろくなかったけど、見ているうちに鈴木おさむ氏の調にハマっていった。
    そして最後の話が泣けたので評価を一個あげました。

    自分の中でグッと我慢して、周りに悟られない様にするのはカッコいいんだなと思ったり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月20日

    森山中の人のだんなさんで、売れっ子放送作家、
    くらいの認識だったけど、

    いろいろ努力してきた人なんだね。

    ビジネス書とあったけど、人生の指南書的に読める。
    文章も読みやすい。
    うまい文章ではないけど(しゃべりに近いから)嫌な感じはまったくない。

    人を惹き付ける力ってやっぱりあるんだなー。
    それ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月08日

    売れっ子放送作家らしく、とっても読みやすく
    心に響くことばがたくさんありました。
    テレビやラジオの現場の話やそこで繰り広げられる

    人間模様など、視聴者にはなかなかみえてこない

    部分なので、こういう本はとっても興味深いのではないでしょうか。



    タイトルでもある「テレビのなみだ」の真の意味は

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月21日

    正直、泣くとは想っていなかった。

    元々鈴木おさむさんは、好きな放送作家なので、
    ビジネス本とも謳ってあったので、
    何か仕事上で役に立つような、
    ノウハウでも知ることができたら良いな~と、
    手にしたわけですが、
    勿論その要素は多分にありましたが。。。

    泣けた!

    久本雅美さんの話、ADの苦労裏話、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月25日

    売れっ子放送作家のビジネス書なので、いろんなエピソードが盛り込まれて楽しく読める仕事論がいっぱいです。
    ラジオで聞きましたが、アエラでの連載シリーズをまとめているのが本著なのですが、アエラは女性読者層が多いので女性を意識しるそうです。理屈っぽくなくてすんなり入ってくるのが女性向きなのかも。
    最後の書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月13日

    帯の「編集部全員が泣きました。」にひかれて購入。

    最後の章は本当に泣けました。
    2時間ドラマ化希望!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月20日

    カテゴリを「ビジネス書」にすべきかと思ったが・・・9割はビジネス書に近い内容。仕事をする上での心構えとか、乗り切り方とか。
    著者は売れっ子放送作家なので、クリエイティブや多くの人が関わる仕事に携わっているので、「そうそう」と思うことや、「ほほぅ」と参考になることも。
    けれど、最後の章がちょっと期待は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月14日

    ビジネス書として読むならばお勧めはしない。
    テレビ業界の裏側や現状、放送に携わる人々の苦労を知るには良い。
    最後の章だけでも良かったかなという気もする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月28日

    BGM「オーヤン作戦」
    アイデアを出すテーマに合わせたBGMをかける

    叱り方がうまい人は「叱る部分」を間違えない。そして嫌われることを恐れない。そして叱った後は一言褒める

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています