いじめへの挑戦 私たち親子は、かく闘い、かく克った

いじめへの挑戦 私たち親子は、かく闘い、かく克った

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

私の場合、息子をいじめた生徒たちに「指をつめろ!」と迫った。本気だった。一歩間違えば、私自身が罪に問われる。しかし、自分の子どものために罪になるのなら本望である。あえて言う。親バカ以外に、子どもは育てられない。息子を殺されるよりもマシである。まず、親が体を張るべきである。これは彼らとの<戦争>なのだ。連中を甘く見たら、絶対に負ける。本物のヤクザを頼むくらいの覚悟がなかったら、わが子は殺されるだろう。ここで言うべきは、「子を守るために手段を選ぶな」である(著者のことばより)。――毎年多くの自殺者を出し、今や深刻な社会問題化している「いじめ」。自分の息子を寸前のところで殺されかけた著者が、当事者として万感の想いを込めて刻んだ愛と感動のドキュメント!

ジャンル
出版社
松文館
電子版発売日
2011年07月08日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

いじめへの挑戦 私たち親子は、かく闘い、かく克った のユーザーレビュー

    購入済み

    いつ自分たちが被害者になるか

    はまじ 2020年06月23日

    この著書は日ごろ他人事の如く傍観しているニュースの事件の当事者に自分たちもまきこまれる危険性を示唆している。勧善懲悪を望む人には向かないかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています