ワールド・イズ・ブルー 乱獲、汚染、絶滅――母なる海に迫る危機

ワールド・イズ・ブルー 乱獲、汚染、絶滅――母なる海に迫る危機

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

約40億年前に生命誕生の舞台となり、今もすべての生物にとってかけがえのない海に、重大な危機が迫っている。米ナショナル ジオグラフィック協会付き研究者のシルビア・アールは警告する。1950年代以降、大型魚の数は約1割にまで減少し、浅い海のサンゴ礁のほぼ半数が消失。さらに、“死の海域”の急増や酸性化など、深刻な問題が山積みにもかかわらず、海の保護は遅れている。海はもう待てない。海を知り、行動することからまず始めよう。海と私たちの未来を守るために――。
海洋研究のパイオニアである著者が、豊富な体験と最新の知見をもとに訴える「青い地球」の憂鬱な現実と明日への処方箋。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
日経ナショナル ジオグラフィック社
ページ数
317ページ
電子版発売日
2018年07月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ワールド・イズ・ブルー 乱獲、汚染、絶滅――母なる海に迫る危機 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月18日

    地球上の生命は生物多様性のもとで成り立っている。
    それを破壊することは自らの首を締めることだと人間は気づかない。
    ってこと。
    牛や鶏はよくて、なぜ捕鯨はいけないかの視点はおもしろい。
    牛や鶏は人間が餌を与えたり、それなりの手間をかけて育てて、その後に食べるのでOK
    (この論理だと栽培する植物や養殖の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています