蛍火艶夜 単話版第5話―八木正蔵中尉中編―

蛍火艶夜 単話版第5話―八木正蔵中尉中編―

220円 (税込)

1pt

-
0件

「…せ 戦争が、こんな生活がっ 終わったら…」

あの夜から始まった八木と志津摩の“交わり”。
次第に二人は体を重ねるだけではない夜を過ごす。

一方で、戦況芳しくなく、ついに志津摩たちのところにも“特別攻撃隊”を編成することとなり――。

特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、凄愴の第五夜。

...続きを読む

詳しい情報を見る

  • カテゴリ
    BL
  • ジャンル
    BLマンガ
  • 出版社
    新潮社
  • 掲載誌・レーベル
    KANATA
  • 電子版発売日
    2023年09月13日
  • コンテンツ形式
    EPUB
  • サイズ(目安)
    15MB

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

蛍火艶夜 単話版 のシリーズ作品

1~6巻配信中 1巻へ 最新刊へ
1~6件目 / 6件
  • 蛍火艶夜 単話版第1話―田中志津摩一飛曹―
    220円 (税込)
    「男女の間じゃないと… 本来しない事をしてました」 1945年3月、徳島。 カメラマンの淀野は報道の為、特攻隊の写真を撮影に来ていた。 「若者が憧れるかっこいい兵隊」を撮らねばならぬことはわかっているものの、淀野に懐く、田中志津摩一飛曹の朗らかな笑顔についついレンズを向けてしまう。 志津摩の輝きに惹かれながらも、彼の運命を思い、うしろめたさを覚えてる淀野。 ある晩。 不意に淀野のもとを訪れた志津摩。 話し込むうちに、レンズ越しには見えなかった深淵が―― 「…じゃあ 俺にしてくれますか?」 いけないとはわかっていても、乱れゆく心と身体――。 特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、劣情の第一夜。
  • 蛍火艶夜 単話版第2話―橋内和中尉前編―
    220円 (税込)
    「貴様 男は抱けるか!?」 1945年1月――。 海軍航空隊兵舎では、月に一度堂々と酒宴を開いていい日がある。 夜も深まるなか、そこでは徐々に新兵たちへの“可愛がり”が始まっていく――。 新人整備兵・塚本太郎もまた例外ではない。 彼はひとよりも大きい男根をもって諸先輩方を笑わせてきた。 そんな酒宴も終わった深夜、ある男が声をかけてくる。 「貴様 何回くらい後家さんを抱いた」 男の名は橋内和。 戦闘機の運転がべらぼうにうまい皆のあこがれの中尉。 何故、声をかけられたのか戸惑う中、さらに続く言葉に――。 葛藤のはざまで呼応する心と身体――。 特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、至上の第二夜。
  • 蛍火艶夜 単話版第3話―橋内和中尉後編―
    220円 (税込)
    「何であの日、断っちゃったんだろう」 橋内の願いをかなえるため、念入りに身体をほぐす塚本。 戸惑いを覚え、乱れながら、そんな彼に心を開いていく橋内。 念願の時、二人の間に交わされるのは――。 葛藤のはざまで呼応する心と身体。 特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、回億の第三夜。
  • 蛍火艶夜 単話版第4話―八木正蔵中尉前編―
    220円 (税込)
    「…お前、身体洗ったばかりか?  せっけんのいい匂いがする…」 1944年9月。太平洋戦争のまっ只中―― 海兵団出身の搭乗兵・田中志津摩二飛曹は、喜びを隠せずにいた。 ようやく憧れの絹の白羽二重のえり巻が届いたからだ。 配給から受け取ったえり巻を大事に抱え、心躍らせながら歩いていると、 ふと、夜空を見ながら煙草をくゆらせる人がいた。 不思議に思い声をかけた、志津摩は直後後悔する。 その人が、八木正蔵中尉だったからだ。 八木は、下の者に容赦なく鉄拳制裁を下すため、志津摩たちの間で恐れられていた。 話しかけてしまった手前、逃げ出すこともできず、しぶしぶ話に付き合うことになってしまった。 何を見ていたのかと問う志津摩に、ただ郷里を思い出していたと答える八木。 ただの世間話だったはずが―― 「…お前、身体洗ったばかりか?  せっけんのいい匂いがする…」 「八木さんも…何やら、いっいいにおいします!!」 そうして、夜が始まった――。 特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、殉情の第四夜。
  • 蛍火艶夜 単話版第5話―八木正蔵中尉中編―
    220円 (税込)
    「…せ 戦争が、こんな生活がっ 終わったら…」 あの夜から始まった八木と志津摩の“交わり”。 次第に二人は体を重ねるだけではない夜を過ごす。 一方で、戦況芳しくなく、ついに志津摩たちのところにも“特別攻撃隊”を編成することとなり――。 特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、凄愴の第五夜。
  • 蛍火艶夜 単話版第6話―八木正蔵中尉後編―
    198円 (税込)
    特別攻撃隊、出撃隊員に任命された八木。 収まりどころを見つけられない中、 酒井大佐に告げられた言葉に、押さえつけていた感情があふれ出し――。 特攻隊を舞台に繰り広げられる、漢たちのアツき魂のいななきを、濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、慟哭の第六夜。

※期間限定無料版、予約作品はカートに入りません

新刊オート購入

蛍火艶夜 単話版第5話―八木正蔵中尉中編― のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

レビューがありません。

蛍火艶夜 単話版第5話―八木正蔵中尉中編― の詳細情報

  • カテゴリ
    BL
  • ジャンル
    BLマンガ
  • 出版社
    新潮社
  • 掲載誌・レーベル
    KANATA
  • 電子版発売日
    2023年09月13日
  • コンテンツ形式
    EPUB
  • サイズ(目安)
    15MB

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

KANATA の最新刊

無料で読める BLマンガ

BLマンガ ランキング

同じジャンルの本を探す