就活のバカヤロー~企業・大学・学生が演じる茶番劇~

就活のバカヤロー~企業・大学・学生が演じる茶番劇~

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「私は納豆のようにねばり強い人間です」と決まり文句を連呼する“納豆学生”、「企業は教育の邪魔をするな」と叫ぶわりに就職実績をやたらと気にする“崖っぷち大学”、営業のことを「コンサルティング営業」と言い換えて人材を獲得しようとする“ブラック企業”。就職活動は、騙し合い、憎しみ合いの様相を呈し、嫌悪感と倦怠感が渦巻く茶番劇に成り下がった。いったい誰が悪いのか? 就活の悲哀と欺瞞を徹底リポート。【光文社新書】

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
ページ数
280ページ
電子版発売日
2011年08月05日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
2MB

就活のバカヤロー~企業・大学・学生が演じる茶番劇~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年10月13日

    超話題の一冊だったが、遅ればせながらようやく読むことができた。
    今まで気になっていたことを気持ち良くスッパスッパと斬ってくれている。
    しかし、見方や立場によってはバッシングを受ける可能性も。
    悪循環はどこかで断たないといけない。この一冊がそのきっかけになってくれることを願わずにはいられない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月04日

    面白くてあっという間に読んでしまいました。
    就活の仕組みや構造を知りつつ、かつ就活に対するモチベーションを落としてくれるような内容です。

    僕も漠然と抱いていた「就活のくそくらえ」ってことを、現在の就職活動の現状を調べた上で大いに語っていると思いました。

    改めて「就活の気持ち悪さ」を思いました。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月11日

    ちょうど就活生のあすキャンにとったら…
    ある意味、情報の宝庫でした笑

    学生の視点
    人事の視点
    大学の視点

    この3つから書かれているものですが…
    誰が悪いのかなんて、答えは出ません

    学生も内定取ろうと必死なんです。
    人事もいい学生と得ようと必死なんです。
    大学も講義あるけど就職...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月18日

    学生の「就活」と企業の「採用」ってここまでギャップがあるんですね・・・って感じることのできる1冊。

    僕も採用活動のお手伝いを少ししている身でありますので、学生に変な勘違いをさせないよう注意しないといけないなあと思わせられました。。。


    ただ、今年の就活生の教科書になってしまったら、この本に書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月04日

    就活のバカヤロー 企業・大学・学生が演じる茶番劇・目次

     はじめに 就職活動は大いなる茶番劇

    第1章 就活生はイタすぎる
     ・「こんな漢字も書けないのか」
     ・学生の「自己分析」はイタすぎる
     ・何人いるんだ?「私はテニスサークルの代表でした」人間
     ・納豆人間にはウンザリだ
     ・「勝利の方程式...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月17日

    氷河期の再来…
    世界大不況により経済が悪化する中、就活が厳しくなっている現在。
    新入社員を早く得るためにどんどん就活の時期が早まっている。
    そんな状況下、『就活のバカヤロー』と叫びたくなるような事態が進んでいるらしい。

    学生、大学、企業、就活支援企業のそれぞれの観点から就活のア然とする実態を暴く。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月15日

    今までの選択に理由なんてなかった。
    何にも考えずに過ごしてきた。
    そこに軸はない。

    だから無理するのはやめた。

    「ありのままの自分を出せ」
    なんとなくわかった気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月02日

    次女の小学校の担任が、参観日に
    「最近、お勧めの本」として、紹介していた。

    働く、会社として欲しい人材って、そうだよね。
    と、思う本。

    「大学2年の姪(旦那の姉の娘)に、あげようかな?」と、言うと…
    「余計な御世話だろう」と、旦那に言われた。
    そうかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月26日

    ちょうどこれから就活を始めようとしている時期に本屋で見つけた本.

    学生からすれば就活は学生が中心にいると思うが,もちろん採用するのは企業だし,就職情報サイトとして利用するリクナビやマイナビだって企業が運営しているサイトであるから,就活に関わっているのは学生だけではない.また,大学も最近は卒業生の就...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月28日

    気持ちいい一冊。
    ただひたすらにイタい就活生をdisるのではなく、その背景というか彼らを取り巻く環境全体(具体的には大学、企業、就活情報会社)の文脈を捉えた上で就活自体をdisっているのがたまらなく気持ちいい。
    おわりに の「就活は気持ち悪い」という頁は秀逸。

    是非、就活を終えた学生も今後就活を控...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています