速記者たちの国会秘録

速記者たちの国会秘録

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「特等席」に座り続ける国会速記者の証言は、そのまま戦後政治の裏面史である。ある者は東京裁判の判決文に関わって監禁生活を強いられ、ある者は吉田茂の「バカヤロウ」を聞き逃さず記録し、またある者は乱闘国会で前歯を失った。仰天の漢字誤読議員、田中角栄が見せた激昂、ずぶ濡れでなだれ込んできた安保デモ隊、中曽根康弘の思わぬ差し入れ――。「もの言わぬ職人」四十人が初めて固い口を開いた、本邦初の貴重な証言録。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
207ページ
電子版発売日
2011年05月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

速記者たちの国会秘録 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月06日

    心に残った中曽根康弘さんの言葉。

    〜手を動かす速記者を見ながらよく考えて発言することで、発言の内容、練度を向上させる効果をもたらした。

    録音機械に任せては、議員の発言が浅くなってしまう 〜


    これはPC世代の人間への警鐘とも受け取れる。
    ITが発達しても人にしか出来ないことの最たるもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月13日

    日本の歴史を裏から支えてきた人たちが語る日本の歴史。
    昔のことは詳しくは知らないが、他の場所では語られないような観点から過去の日本の政治家が語られている。

    今一速記者の言葉は少ないような気がするが、それは本書に出てくる人のことを知らないせいかもしれない。
    リアルタイムでテレビや新聞を通して政治家を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています