赤塚不二夫のことを書いたのだ!!

赤塚不二夫のことを書いたのだ!!

作者名 :
通常価格 672円 (611円+税)
紙の本 [参考] 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『おそ松くん』『天才バカボン』『レッツラゴン』…生涯じつに8万枚の漫画を執筆した天才漫画家・赤塚不二夫に、35年間連れ添った小学館の編集者がいる。“武居記者”というキャラクターで赤塚漫画にも登場する本人が、天才との濃厚すぎる日々を語る。ニャロメのモデル、『天才バカボン』引き抜き事件、新婚そうそう5日間泊り込み、ヤクザに追われてふぐ三昧、崇拝する美空ひばりと新宿デートなど、はちゃめちゃで抱腹絶倒の秘話満載! 浅野忠信主演で、映画化。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
360ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2007年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

赤塚不二夫のことを書いたのだ!! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    以下の部分で落涙。

    五〇枚目の原稿を見終わり、老眼鏡を外して、静かに言った。
    「よし終わったぞ。みんな、ありがとう」
    赤塚が深々と頭を下げた。古谷が拍手。それは、その場にいた全員に伝わっていった。僕も力一杯拍手をした。赤塚の目が濡れているように見えた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月23日

    天才の一人だね
    その天才を描くことができるのは
    その天才その人ではなく
    その周りにいた人しかできないこと
    それにしても
    なんと 魅力あふれる 人たちだろう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月15日

    赤塚不二夫さんと長い道のりを共に歩いてこられた、
    編集者・武居俊樹さんのエッセイ。

    赤塚不二夫という不世出のマンガ家さんの、
    すごさと、バカバカしさと、そして哀愁が
    ひしひしと伝わってきた。
    また赤塚作品をしっかり読み直してみたくなった。

    そして。
    映画『これでいいのだ!!』は、
    この著作のいい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月22日

    小学館で長く赤塚さんを担当したという編集者が書いた赤塚さんのお話。古き良き時代、と言ってしまえばそれまでだけれど、今では考えられないような
    エピソードが満載。手塚治をはじめ名だたる漫画家たちが出てくるのも楽しい。とても良い本でした。課題図書とかにするにはやや下ネタが多いのだけれど、出来るだけたくさん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    入社し少年サンデーへ配属。すぐに著者は赤塚を担当した。「おそ松くん」が連載され、「少年バカボン」が連載始まる頃。
    豪快な漫画業界にどっぷり浸かり、赤塚へ信頼されて編集者として片腕になっていく。
    「レッツラゴン」ではキャラクターとして登場。

    担当を外れたあとも「赤塚番」となり続け、別の雑誌を担当して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    後半のアルコールに頼っていく様子はちょっと痛々しい所もあるけれどTVマスコミに水割りグラスを持って談志師匠なんかと出ていたっけ。病気の心配もあったが茶の間を楽しませてくれていた。家族歌合戦での替え歌が最高です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年05月01日

    歩く幼稚園

    元妻と現妻(故)が赤塚不二夫をこう表現した
    赤塚だけじゃない
    みんながそろって幼稚園
    年老いて病気して体の自由が利かなくなるまで一生涯青春だった男たちの精一杯が詰まってる
    これが彼らの赤塚の全部ではないけれど
    私は感動しました
    同じ時代に生きられて嬉しいしがんばらなくては...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

赤塚不二夫のことを書いたのだ!! に関連する特集・キャンペーン