公爵は冷酷に愛を語る

公爵は冷酷に愛を語る

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

事故で両親を亡くした鈴木直史は、英国で公爵の称号を持つ男……ギルバート・ウォーレン・シーモアから援助の話を受ける。公爵の父親は生前に直史の父親に命を助けられたことがあり、跡を継いだ公爵が恩返しのため、直史の後見人になるというものだった。直史はシーモア家の一員として相応しい人物になるよう教育を受けることになったのだが、公爵の甘く淫らな囁きに翻弄されて体を繋げてしまう。そんな時、自分こそ命の恩人の息子だと名乗る人物が現れて……!? 愛に溺れ、恋に戸惑う至上のノーブル・ロマンス!

ジャンル
出版社
心交社
ページ数
239ページ
電子版発売日
2011年04月15日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

公爵は冷酷に愛を語る のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ギルバート・ウォーレン・シーモア(30・第十八代アベンフォード公爵)×鈴木直史(18)。亡くなった父親が公爵の父親を助けたことがあるというので、公爵の被後見人となった直史。自ら直史を立派な紳士に育てる公爵。ところが、自分の父親も人助けをしたことがあるという「鈴木尚文」が現われて・・・。ふむ、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年02月20日

    公爵・ギルバート×日本人高校生・直史のカップリングです。
    大人し目で純粋な感じな上、
    一途っぽい受けのキャラが私好みでした(^^)
    タイトルの通り、
    最初のうちは、攻めもちょっとクールな感じでしたが、
    後半、特に最後のほうは、
    エエかっこうしいな面とかには、にやっとしちゃいました(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

公爵は冷酷に愛を語る ページトップヘ