Palepoli
  • 完結

Palepoli

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

古屋兎丸、最強にして最高のデビュー作! 太田版発刊記念として16ページのデビュー前原稿、8ページのカラー化。恐るべき画力と怒涛のギャグ。古屋兎丸の力量をあますところなく発揮した傑作単行本!!

ジャンル
出版社
太田出版
電子版発売日
2011年01月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
32MB

    Posted by ブクログ 2017年11月26日

    虫眼鏡がいるほど情報量多かったが何よりかなり笑えた。作者の趣味で描画している気がするほど別に要らないだろう小ネタが随所にある。贅沢な漫画。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月31日

    何年前にどういう経緯で購入したか全く記憶にないですが、大好きな一冊です。本棚でかがやくハードカバー!!
    4コマ漫画です。
    内容については説明できない。。。
    この本で古谷兎丸さんの大ファンになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月16日

    古屋兎丸の4コマ漫画。
    デヴュー作だとかなんとか。

    これはもうメタ漫画です。
    漫画そのものを題材にした漫画であり
    美術を題材にした漫画であり
    漫画を題材にした美術と言っても過言じゃないだろうと、ひとり興奮する次第であります。

    漫画の持つ独特の時空間(コマ割りやその読み順)
    や美術史を痛烈に皮肉る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ハードカバーで購入。

    うさまるさんの4コマ漫画。
    かわいくて、えげつなくて、エロくて、いい!

    いつもと変わりない日常に見えても、何かが違う。
    血なまぐさくて残酷なことはあなたの隣に今もあるんだよ!
    ってことをチャーミングに伝える素敵な篇々。

    わたしはPalepoliaがお気に入り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    天才!・・・いや、神!!
    友達に「何か面白い本貸して」って言われたら、とりあえずコレ薦めます。感想はみんな「凄い!!」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月27日

    最初はちょっとびっくりしたけど慣れてくるとわりと面白かった。タッチの描き分けがすごいし、いつも洗練されたプロットで物語を描く古屋先生に4コマという形式はすごく合っていた気がする。よいぞ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月01日

    不条理ナンセンスエログロギャグ漫画。
    色々詰め込みすぎ(笑
    点描やだまし絵の画法を使って四コマ漫画を描くという、
    なにこの才能の無駄遣い、的な感覚が好き(笑
    それより、サザエさん好きだな、兎丸さん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    かの高円寺文庫で入手して以来、手放していない唯一のコミック。独特すぎて読む人を選ぶかも。サザエさんやドラえもんなどのイッちゃってるパロディ等がもの凄い画筆で描かれている。元美術教師。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今は無きガロに連載していた作品。見て本当に驚きますよ。なにが驚くって1ページでみせる絵の細かさと技術!!絵と言うかここまでいくと絵と言うより絵画のようなイノパクト大の有無を言わさない迫力があって本当に圧倒します。右のコマに載せようとしたら小さすぎてなにがなんだかわからなくなってし
    まったので止めまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    四コマ漫画界のニューウェーブとも言われたこの作者。
    実は絶望を描かせると凄い。
    残念ながらBookLog内では探せなかった作品「Garden」には凄すぎる絶望が収録されている。しかも袋とじだ。
    絶望したくなった人は是非読んでみて欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています