ばら色の頬のころ
  • 完結

ばら色の頬のころ

作者名 :
通常価格 1,047円 (952円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

私立カレンズバーグ学院中等部。僕らが過ごしたかけがえのない時間ーポールとモーガンの出会いを描く「Jの総て」前日譚

ジャンル
出版社
太田出版
掲載誌・レーベル
マンガ・エロティクス・エフ
電子版発売日
2011年01月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2012年10月27日

    Jの総てで語り得なかった、ポールの総て、とモーガンの話です。Jの最後で、「モーガンお前‥そうだったのか‥」(そこもっと前面に出してくれてもよかったんだぜ‥)と思ったら、やっぱり一冊描くくらいあったんじゃん明日美子先生!!!という方には、今すぐに購入をおすすめします。とにかく今すぐに買ったほうがいいと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月01日

    Jの総てのスピンオフ前置きだお。作者がJの総てをかきながら「コレも書きたかったんだろうな」ってのを埋めてある内容だお

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月15日

    Jの番外編。
    攻め君の小・中年代。
    これだけ読んだらなんてむくわれない話し。
    最後はほわってなれるけど、それでもこの1本だけ読んだらむず痒いかも。表紙2人のラブラブ話しではないですよ。
    Jがあってこそのこの1冊。

    にしてもコマ萌が多過ぎて。目・眼鏡・髪・手・どれも線画本当に美しいです、先生。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月29日

    オノナツメさんが帯コメントを書いていらして、
    「色気のある少年」と表現をしてました。
    まさにその通りだなぁ、という。
    Jの総て買わねば。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月09日

    Jの総てより先に読んでしまったけどこれだけでも充分に面白かった 絵の線からひとつひとつ、話も、全てがお耽美で魅力的だった まだ買っていない分の残りの中村明日美子作品も集めよう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月14日

    モーガンとポールの組み合わせが個人的には好きだから、Jの総てシリーズ?では番外編なのに、これが一番好きだったりする…。
    片想いだったり、家のことだったりと、色々と葛藤している様が最高!Jの総てを読まなくても楽しめる気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月01日

    なにげに手に取った本ですがすんごい良かったです!!
    久々の大ヒット!
    絵もお話も素晴らしい!
    ・ばら色の頬のころ=12歳
    ・全寮制男子校
    とくればお約束?
    少年達の青くて切ない恋のお話です。

    この話の続き(?)があるらしいので明日早速買いに走ります!
    でもちょっとお高いのが辛いところです(苦笑)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月16日

    明日美子さんの漫画で一番最初に買ったもの。
    これをきっかけに明日美子さんにはまってしまった・・

    一番最初に読んだだけあってここのモーガンが大好きです。
    そのためなかなか『Jの総て』に手を出せない・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月24日

    「Jの総て」外伝だが、これ1冊でも十分読める。だが巻末のおまけ漫画はネタバレなので、やはり本編を読んでからがいいと思う。
    個人的に、本編よりもエグさが無いので読みやすかった。本編と通して読み終わって、かなり好きな部類に入る漫画。描かれている人間関係が良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「Jの総て」に出演時のポール(美形)と比べ、このポールの美少年っぷりが5割増しなのは視点がモーガンだからだと思うと青春がしょっぱくて堪んない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています