経済と社会:支配の社会学1

経済と社会:支配の社会学1

作者名 :
通常価格 4,180円 (3,800円+税)
獲得ポイント

20pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【内容紹介・目次・著者略歴】
第2部第9章1~4節。政治と人間の問題をライトモチーフとして支配の構造を分析し、支配の正当性にもおよぶ。

【目次より】
凡例
目次
〔第二部経済と社会的・秩序および力〕
第九章 支配の社会学
第一節 支配の諸構造形態と諸機能様式
第一項 力と支配、過渡的諸形態
第二項 支配と行政、民主制的行政の本質と限界
第三項 「組織」による支配、支配の妥当根拠
第二節 正当的支配の三つの純粋型
支配の正当性、正当性の根拠
一 合法的支配
二 伝統的支配
三 カリスマ的支配
第三節 官僚制的支配の本質・その諸前提および展開
一 近代的官僚制の特殊的機能様式
二 官僚の地位
三 官僚制化の諸前提と諸随伴現象
1 貨幣経済的・財政的諸前提
2 行政事務の量的発達
3 行政事務の質的変化
4 官僚制的組織の技術的優秀性
5 行政手段の集中
6 社会的差別の水準化
四 官僚制的装謹の永続的性格
五 官僚制化の経済的・社会的結束
六 官僚制の勢力
七 合理的・官僚制的支配構造の発展段階
八 教養と教育との「合理化」
第四節 家父長制的支配と家産制的支配
一 家父長制的支配の本質と成立
二 名望家支配と純粋家父長制
三 家産制的支配
四 家産国家的支配構造
五 家産制的支配者の権力的地位、家産制的軍隊と家産制外的軍隊、伝統的・正当的な支配者権力にもとづく家産制的支配者の政治的支配権
六 家産制的需要充足。ライトゥルギーと連帯責任、強制団体
七 家産制的官職、家産制的官吏と官僚制的官吏との相違
八 家産制的官吏の給養、実物給与的プッリュンデと役得プッリュンデ
九 家産制的行政の分権化とステロ化、官職の占有と独占の諸結果、特権制国家
一〇 家産制的支配の崩壊に対するその統一性の擁護
一一 家産制的行政の機能の実例
1 古代エジプト
2 中国
一二 家産制的支配の分権化、ザトラピーと分国
一三 家産制的ヘルと地方的荘園制
一四 ジェントリー出身の治安判事によるイギリスにおける名望家行政、「ジェントルマン」の型の形成
一五 ツァーリズム的家産制
一六 家産制と身分的名誉

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

ウェーバー,マックス
1864-1920年。西洋近代について考察したドイツの法学者・経済学者・社会学者。代表作は『仕事としての学問』『仕事としての政治』『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』などがある。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
創文社オンデマンド叢書
ページ数
288ページ
電子版発売日
2022年02月25日
サイズ(目安)
139MB

経済と社会:支配の社会学1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創文社オンデマンド叢書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング