任 侠(電子復刻版)

任 侠(電子復刻版)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

花沢桂太は、静岡の博徒一家・湊屋の六代目親分だった父親を六年前に亡くした。縄張りは、兄貴分の阿久根透のものとなった。母親が阿久根と関係を持っていることを知りながらも、桂太は阿久根を敬慕していた。桂太は阿久根にヤクザの英雄像の原形を見ていたのだ。しかし、母親が阿久根の差し金で父親に毒を盛ったことを知ってしまった(「燃える眼の野獣」)。渡世の柵(しがらみ)の中で生きる男と女を描いた秀作九篇。

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
286ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

任 侠(電子復刻版) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年01月21日

    任侠小説の短編集。いずれの作品も1960年代から1970年代に掛けて書かれており、古き良き時代の香りが漂って来る。まるで昔の東映のヤクザ映画のようなストーリーに懐かしさを覚える。一つ一つの作品も時代を感じる描写と文章で綴られ、時代の移ろいに驚くばかりだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

青山光二 のこれもおすすめ