読書セラピスト

読書セラピスト

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
紙の本 [参考] 2,310円 (税込)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

悩める人々に読むべき本を処方する、読書セラピーを始めたヴィンチェ。ある日、彼のスタジオの階下に住む婦人が失踪、状況証拠から夫が殺人の容疑をかけられる。読書家の彼女が残した本のリストからヴィンチェは真相を探る……。彼女はどこに消えたのか? 本当に夫に殺されたのか? 「失踪」「別の人生」「入れ替わり」といったテーマの読書歴のある彼女の真実は? シニカルで文学的で不思議な味わいのビブリオ・ミステリ。本書は、イタリアのミステリの賞・シェルバネンコ賞を受賞している。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
海外文学セレクション
ページ数
245ページ
電子版発売日
2022年02月19日
紙の本の発売
2022年02月
サイズ(目安)
3MB

読書セラピスト のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月21日

    後半ではミステリー要素が漂うものの、ほぼ全編に文学的素養が詰め込まれ、実に豊かな読書体験となりました。これほど教養の何たるかを突きつけられたことはありません。このような会話をしてみたい、と心底思ったし、膨大な読書経験の中からこれと思う場面が引き出せるヴィンチェは尊敬しかできません。たくさん本を読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月26日

    表紙がハマスホイという時点で買ってしまうわけですが、”読書セラピスト”ってちょっとマユツバ(すみません)などと思いながら読んだ。だって、職業として成り立たせるのは相当難しいよね。まあ、本を紹介するセラピスト、ということで。

    ミステリ度は弱いと思うけれど、ミステリ仕立ての読書案内、として面白かった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月20日

    読書セラピストを始めたヴィンチェが、下の階に住む婦人の残した本のリストから、彼女が消えた謎を解き明かすお話です。とはいえ推理色はかなり薄くて、おしゃれな文学作品を読んでいるような味わいの作品でした。
    メインの謎解きよりも、ヴィンチェの元を訪れる女性たちとの対話や、彼と関わりのある人達とのやり取りが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月13日

    ローマのアパートで読書療法のスタジオを開いたヴィンチェ・コルソを訪れる文学に救いを求める女性たちに適切と思われる本を紹介する物語。アパートに引っ越してきて2週間後、近所の老婦人パロディの失踪事件が発生し、真相を探ることにもなる。物語のストーリーよりもクライアントに勧める様々な本、未読の本に興味をそそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

    元国語教師のヴィンチェは、恋人と別れ、職もなく、ローマのワンルームで読書セラピーを開業する。
    癖の強い女性客を相手に内心冷や汗をかきながら対応する日々。
    そんな中、階下に住む、老婦人が失踪した。
    警察や隣人たちは同居の夫が殺したのではと疑うが。
    ヴィンチェは行きつけの本屋の友人から、失踪したパロディ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月23日

    読書セラピストが下階の失踪事件容疑となり、さまざまな女性の話を聞きながら、容疑を晴らすストーリー。
    小説を前にする子どもにかかれているが、あのキラキラした目を見るとあの頃に戻りたいと思ってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

海外文学セレクション の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング