新書版 性差(ジェンダー)の日本史(インターナショナル新書)

新書版 性差(ジェンダー)の日本史(インターナショナル新書)

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

2020年秋、国立歴史民俗博物館で開催され、大きな話題を呼んだ展覧会「性差(ジェンダー)の日本史」を読みやすい新書に再編集。無意識のうちに私たちを強く捉えているジェンダー。日本で「男」と「女」という区分はいつ生まれたのか? 日本の社会の中でジェンダーがどのような意味を持ち、どう変化してきたのか? 豊富な資料を通して、驚きと発見に満ちたその歴史を読み解く。ジェンダー史の入門書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社インターナショナル
ページ数
224ページ
電子版発売日
2021年12月23日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
36MB

新書版 性差(ジェンダー)の日本史(インターナショナル新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月21日

    読んで良かった。企画展のニコ生見なかったの損したな。図録も欲しくなった。
    古代から近代へ、社会のシステムが変わる度に、政や職業から徐々に女性が遠ざけられていく様子を豊富な史料と解説で追う一冊。

    これまであった資料をジェンダー資料として再評価した話も面白い。
    歴史は一本道じゃない、多様な視点で見るっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月18日

    国立歴史民俗博物館での展覧会「性差の日本史」は気づいたときには観客が多すぎて入場制限が厳しくなっていて見に行けなかったのですが、こうして本になったので展覧会の内容を理解することが出来ました。とはいえ新書では薄いので、1.4kgの図録、買ってしまおうかしら……。
    自分としては中世から江戸時代にかけての...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月22日

    2020年に開催された歴博の企画展の内容をコンパクトにまとめた本。日本におけるジェンダー観、性別分業の様々なあり方を、古代から現代までを俯瞰するかたちでなぞっていく。様々な興味深い事例が、様々な図版と一緒に紹介されており、時勢の影響もあって、行きたくとも行けなかった人も博物館をまわっているような気分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月06日

    国立民俗博物館の「性差の日本史」展を基にした,古代から戦後までの女性の活動を描く
    かなり急足なのと,史料が残りづらい分野という事で、女性の活動全体を網羅するものにはなっておらず,特に江戸時代が大奥と売春のみというのは食い足りない感があった(大奥はもちろん、公娼として管理され、契約ベースで動く吉原に史...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月18日

    歴史の中で女性の地位や働きがどう変遷してきたかを、具体的なエビデンスを元に説明してくれる。エピローグには村木厚子さんの「ジェンダーを超えて」のインタビュー内容が、YouTubeに配信されているのをQRコードで見ることができる。

    2021年世界経済フォーラムで報告された、日本のジェンダーギャップ指数...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月15日

    いろいろな資料から、女性の生活はどんなだったか、みたいなのを言える範囲で言ってる落ちついた本。カラーがよかった、というかオンライン版がほしい気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月16日

    〈目次〉
    第1章  古代社会の男女
    第2章  中世の政治と男女
    第3章  中世の家と宗教
    第4章  仕事とくらしとジェンダー~中世から近世へ
    第5章  分離と排除へ~近世・近代の政治空間とジェンダーの変容
    第6章  性の売買と社会
    第7章  仕事とくらしのジェンダー~近代から現代へ


    〈内容〉
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社インターナショナル の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング