本当は逢いたし

本当は逢いたし

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

最新句集『此処』で2020年度の読売文学賞を受賞した俳人が、3・11からコロナ禍までの10年間に日経新聞や俳句雑誌に発表してきた60篇あまりのエッセイを1冊に編む。
タイトルは自作句「本当は逢いたし拝復蝉時雨」から。時々のくらしを営む「此処」から「彼処」にいる本当は逢いたい人たちを思い綴る。彼処にいるのは――軍医として赴いた戦地で命を奪われた父、俳句の師、つい最近亡くなった夫、そして被災地で、猛威を振るう自然災害で、先のむごたらしい戦争で命を失った人たち。楽しい旅の途次に、家事の合間に、テレビを観ている時に、想像力は自然に育まれた命そのものへと向かう。自らの思いを常に客観視しているような透徹なまなざしから生まれる文章は、各エッセイに引いた自作句、師や友や先達の句をピリオドとして、えもいわれぬ余韻を残す。
84歳の著者による句集『此処』は増刷を重ね、枠にとらわれない軽やかな口語表現は俳句の世界を超えて、若い人にも広く受け入れられた。本書はそのメイキングとも言える。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2021年12月03日
紙の本の発売
2021年12月
サイズ(目安)
1MB

本当は逢いたし のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月24日

    俳句を多少なりとも、たしなんでいたら、また感想も違ったかも。

    東日本大震災のこと、戦争で還らぬ人となったお父さまのこと、歳を重ねていくこと、俳句の師匠・三橋敏雄さんを偲んだ思い出のことなど、率直な親しみやすさと感受性にハッとするエッセイだった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

日本経済新聞出版 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング