くすぶり中年の逆襲

くすぶり中年の逆襲

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「戦国時代だったら生きてない」「人生折り返し地点からの大逆転」、49歳と42歳でブレイクした「若くない若手」漫才師・錦鯉。「第7世代の親世代」は今日も八面六臂の大活躍。もちろん、ここまでの道のりは山あり谷あり嵐あり……。生い立ちから苦難の下積み時代を経て、大ブレイクまでを初めて明かす大爆笑自叙伝!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
電子版発売日
2021年11月17日
紙の本の発売
2021年11月
サイズ(目安)
11MB

くすぶり中年の逆襲 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月10日

    お二人の繰り出す漫才を目で追えるし、脳内再生も余裕な感じも好きです。
    読んで伝わるお二人の柔らかさと優しさ、今までの事を追体験というか、居酒屋で一緒に飲みながら話を聞いている感じも素敵だなと思う一冊でした。
    買ってよかったし、読んでよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月14日

    お笑いコンビ「錦鯉」の長谷川雅紀さん(ボケ担当)と渡辺隆さん(ツッコミ担当)による対談形式の自叙伝。
    長谷川さんのおばかすぎるエピソードに渡辺さんが辛辣にツッコむ、という二人の漫才そのままな内容。お笑い芸人としてはベテランでありながら、ある種の若手でもあるイレギュラーなコンビの素顔が垣間見えた。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    自然体

    あん 2021年11月18日

    自然体な2人が、対談形式で語ります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月30日

    長谷川さんと渡辺さんの掛け合いが面白くて、まさに漫才のネタを見させてもらっているかのような感覚に浸っていました。タカトシさんや同じ事務所のザコシショウさんとのエピソードも話のなかに出てきます。
    M-1優勝きっかけで読みましたが、本当におふたりの仲良しな感じがものすごく伝わってきて読んで良かったと思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月21日

    くすぶり中年が、M1で売れるまでの道のりを体験できた。
    2人から売れたい欲は感じられなかったが、お笑いを続けるという事だけはブレなかったからこそ、結果が出てきたと思う。
    何事もそうだが、継続をする事の大切さを改めて気付かされた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月26日

    2人の会話そのままだから、ネタ聞いてるみたい。読んでると、頭叩くペチッというツッコミのいい音が聞こえてくる気がする。錦鯉がM-1で優勝したのも売れたのも、2人の性格の良さだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月25日

    M-1グランプリ2021後に。

    雅紀さんのさすがのエピソードと、
    持って生まれた芸人としての存在感。
    渡辺さんの裏方としての実力と思慮深さ。
    両方知ることが出来ました。

    お馬鹿漫才をされるコンビではありますが、
    やはり基本に返ってのネタ作りなど、
    優勝する為の努力、伝える為の工夫を相当してきたと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年12月18日

    錦鯉を好きでチェックしている人なら知っているエピソードがほとんどかもしれないですが「語りおろしスタイルで読む」というのが面白くて楽しめました。
    隆さんの「雅紀さんの面白さを伝えたい」という気持ちがこの本でも十分ににじみ出てますが、読んでいる途中でM-1 2021のPR動画(宮本浩次『昇る太陽』×M-...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年11月22日

    錦鯉のファンなので読みました。
    隆さんが、HTBの番組を見て、雅紀さんの良さや面白さが出ていなくて「悔しかった」と言ったところに、熱い相方愛を感じました。また、2020年のM-1決勝出場の背景に、雅紀さんの元相方やお父様の死があったことも初めて知り、しみじみしました。
    終始楽しく読める本です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング

錦鯉 のこれもおすすめ