パレット文庫 キャットテールレポートNo.7
  • 最新刊

パレット文庫 キャットテールレポートNo.7

作者名 :
通常価格 308円 (280円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

将(まさる)は伯父(おじ)が経営する浅川(あさかわ)不動産に、悠次(ゆうじ)はペット用品を扱うクロッカスに就職した。とある週末、伯父から、明日、あるマンションの住人から話を聞いてくれとの依頼が。翌日、指示された部屋に赴(おもむ)くと、隣室からの異臭(いしゅう)を何とかしてという主婦のクレーム。中年男性の独り暮らしで最近姿を見ないという。タマにベランダから室内を覗(のぞ)いてもらい、携帯で悠次に通訳を頼むと、「人間が腐(くさ)っている」! 伯父の命令で一旦この件から身を引いたが、タマの妙な言動、迷子(まいご)の黒猫の出現で、再び将と悠次は巻き込まれキャラに!?将・悠次・タマが大活躍する聞き耳頭巾(ずきん)シリーズ、必読の完結編!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
パレット文庫
ページ数
235ページ
電子版発売日
2011年03月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

パレット文庫 キャットテールレポートNo.7 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年04月20日

    最終巻。別に盛り上がりもなく・・・。いつもどおりの展開。
    社会人になっちまった二人。
    将はさっそくおかしなことに。社長に言われてクレーム処理に行ったら、隣の部屋から異臭がするとのこと。
    タマの調査でどうやら死体があるとのことで・・・。
    悠次も会社で名物になり、先輩に使われてます。
    最後の最後。将は自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    早いペースで出てたので毎回楽しみにしてましたがこの本で完みたいです。
    記念に本棚へヽ(^o^)丿

    ペット心理療法士6巻+キャットウォーク4巻+キャットテールレポート7巻でした。

    このレビューは参考になりましたか?

パレット文庫 キャットテールレポート のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • パレット文庫 キャットテールレポートNo.1
    大好評の『ペット心理療法士事件ファイル』『キャットウォーク事件簿』に続く新シリーズ登場!将(まさる)と悠次(ゆうじ)とカイザーは、神奈川の山間(やまあい)にある温泉宿に出かけた。祖母が一昨年(おととし)の福引きで当てた宿泊券を今になって将に押し付けたのだ。犬用の温泉もあるらしい。だが、旅先でもトラブルと犬が付いて回る悠次…カイザーと散歩中、なんとカラスに「助けて!」と呼ばれ、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 キャットテールレポートNo.2
    入社は一年も先だが、悠次(ゆうじ)は、バイト先であるバックヤードの、マスターの従兄弟(いとこ)が経営するペット用品輸入&商品開発の会社に“スカウト”された。犬まみれの天職のような仕事らしいが、将(まさる)の家を出ることを思うと浮かない気分になる悠次である。そんな折、お茶の師匠(ししょう)である将の祖母が、野点(のだて)の帰りにひったくりに遭(あ)い、風呂敷包みを奪われたうえ転...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 キャットテールレポートNo.3
    浅川(あさかわ)家でのシュークリーム作り講習会。メンバーはブレッド研究会から筒井(つつい)と他一名、そして茉梨絵(まりえ)という筒井の従妹(いとこ)。講師はもちろん将(まさる)だ。だが、浅川家からの帰りに茉梨絵が行方(ゆくえ)をくらませ、一晩帰らないだけで両親は大騒ぎ。将を誘拐犯(ゆうかいはん)と決め付け、家にまで押しかけてきて責め立てる無神経ぶりに将は大憤慨(だいふんがい...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 キャットテールレポートNo.4
    将(まさる)がいきなり引っ越すと言い出した。祖父所有の古いマンションで、この半年で住人が四人も替わった部屋があり、真相を探れという祖母の命令だ。居候(いそうろう)の身の悠次(ゆうじ)も当然一緒。悠次のバイト仲間・水沢(みずさわ)が引っ越し祝いに来て、幽霊の仕業(しわざ)ではと冗談を言う。実は、将はこの手の話に弱い。幽霊の存在など信じていないが、今でもなぜかダメなのだ。だが、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 キャットテールレポートNo.5
    秋も深まる季節。就職先を決めている将(まさる)と悠次(ゆうじ)。悠次は相変わらずアルバイトに精を出すが、将は暇(ひま)だ。そんな頃、就職先の社長で不動産関係の会社を経営する伯父(おじ)・明朗(あきら)が、将に使い走りをさせ始める。その我儘(わがまま)ぶりは祖母譲(ゆず)りらしい。ある日、伯父のマンションに行くと、隣室の住人で宝飾(ほうしょく)デザイナーの樋口(ひぐち)(♂)が...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 キャットテールレポートNo.6
    バレンタインデー。ペット同伴歓迎の喫茶店でのバイト最終日の悠次がもらったチョコの中に、釘と錠剤が混入!? しかし優しい悠次が怨みを買うとは思えない。一体犯人の目的は…!? かわいいタマがまた大活躍!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • パレット文庫 キャットテールレポートNo.7
    将(まさる)は伯父(おじ)が経営する浅川(あさかわ)不動産に、悠次(ゆうじ)はペット用品を扱うクロッカスに就職した。とある週末、伯父から、明日、あるマンションの住人から話を聞いてくれとの依頼が。翌日、指示された部屋に赴(おもむ)くと、隣室からの異臭(いしゅう)を何とかしてという主婦のクレーム。中年男性の独り暮らしで最近姿を見ないという。タマにベランダから室内を覗(のぞ)いて...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新田一実 のこれもおすすめ