パレット文庫 やまとツインズ、謀る! 新ヤマトタケル伝2

パレット文庫 やまとツインズ、謀る! 新ヤマトタケル伝2

作者名 :
通常価格 308円 (280円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大和(やまと)の皇子(みこ)で双子(ふたご)の兄弟、オオウスとオグナは、父であるオオタラシヒコ大王(おおきみ)の命令で大和に従わぬクマソの偵察(ていさつ)に旅立った。二人の供は、弓の名人でオグナに気持ちいいことも教えてしまった美男のイサチヒコと、無口でマッチョな太刀(たち)名人のタヂカラヲという武将二人。 少女のように可憐(かれん)で美しく見た目はそっくりな皇子兄弟は、互いのモノを慰(なぐさ)めあうほど仲がいい。ただ性格は、兄のオオウスはたおやかで優しいが、弟のオグナは相当なやんちゃ者と正反対。 政庁のある難波津(なにわづ)の湊(みなと)から日向(ひむか)に向けて船旅に出発した一行は、淡路島(あわじしま)で海賊(かいぞく)にオオウス皇子を奪われてしまった。クマソタケル退治の前に、早くもツインズ兄弟に危険が…?!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
パレット文庫
ページ数
183ページ
電子版発売日
2011年03月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

パレット文庫 やまとツインズ、謀る! 新ヤマトタケル伝2 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年12月29日

    小学館パレット文庫。
    1の「西へ!」のほうが面白かったかな。物語の始まり、というワクワクがあった。
    とはいえ、船旅に海賊、日向とクマソの確執とか見応えもある。
    馬がどうのこうのとか、戦いのうんちくも面白かったし、バトルシーンに力があって読み応えがあります。
    あとがきでは古事記に書かれたヤマトタケルの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています