ケモノガリ4(イラスト簡略版)

ケモノガリ4(イラスト簡略版)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

少年よ、ローマを目指せ。殺人のために!!

さあお立ち会い!
この世のあらゆる享楽を味わい続けた皆々様よ!
人を蔑み、人を貶め、人を穢してきた皆々様よ!
貴方がたはとうとう究極の悦楽に手を出してしまったのです!
即ち、殺人!
自分と同じ種の命を弄ぶ!
ですが皆々様!
 一つお忘れでございませんか?
人の命を弄ぶ者は、天罰を受けるのだということを!
天からの罰など怖くない? ……なるほどごもっともです!
貴方がたには「強大な権力」がある!
指先一本で人を殺し、口を封じることができるでしょう!
ならば、誰が貴方がたを罰するのか?
 貴方がたの喉笛を噛み千切るのか?
答えは“ケモノガリ”。

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
電子版発売日
2012年10月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ケモノガリ4(イラスト簡略版) のユーザーレビュー

レビューがありません。

ケモノガリ(イラスト簡略版) のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • ケモノガリ(イラスト簡略版)
    東出祐一郎のオリジナル小説デビュー作! 「わずか四時間の、しかしあまりにも濃密な疾走感。一頁目からラストまで息つく間さえないほどに」  「Fate/stay night」の奈須きのこも大絶賛した痛快デスレース・アクション大傑作! 何もかもが平凡な少年。だが誰にでも一つくらいは取り得がある。彼の場合はそれが「殺人」だった――。東欧小国で修学旅行中のバスが拉致された。犯行グループは財閥の好事家た...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ケモノガリ2(イラスト簡略版)
    大反響を呼んだ話題作、ついに続編登場! 僕の名前は、赤神楼樹(あかがみ・ろうき)。 つい数か月前まで、紛れもなく平凡な日本の男子高校生だった僕は、馬鹿げた殺人ゲームに巻き込まれてしまった。友人は死に、先生も死に、それでも僕は生き残った。そして、僕は僕が生きた日常に別れを告げた。ゲームで殺された仲間たちの無念を晴らすため、愛した少女の日常を護るため、僕は「彼ら」に「狩り」の代...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ケモノガリ3(イラスト簡略版)
    いま、クラブの真実が紐解かれ始める! 罪無き人を狩る「クラブ」がこの世には存在する。 罪無き人を狩る「ケモノ」がこの世に蔓延っている。獲物として選ばれる者たちに、理由らしき理由はない。ただそこにいたから、ただ笑っていたから、ただ生きていたから――たまたま、偶然にも、不幸にも、選ばれる。選んだ者たちは、選ばれた者たちのこれまでの人生や、夢や、希望を一切省みることなく踏みにじる。...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ケモノガリ4(イラスト簡略版)
    少年よ、ローマを目指せ。殺人のために!! さあお立ち会い! この世のあらゆる享楽を味わい続けた皆々様よ! 人を蔑み、人を貶め、人を穢してきた皆々様よ! 貴方がたはとうとう究極の悦楽に手を出してしまったのです! 即ち、殺人! 自分と同じ種の命を弄ぶ! ですが皆々様!  一つお忘れでございませんか? 人の命を弄ぶ者は、天罰を受けるのだということを! 天からの罰など怖くない? ……なるほどご...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ケモノガリ5(イラスト簡略版)
    ローマ編最終章“十二使徒のゲーム”開始! 楼樹の前に立ちはだかる第二の“ゲーム” さあさあお立ち会い! この世のあらゆる快楽を貪り続けた皆々様!! 第一のゲームはいかがでしたか? 続きまして、第二のゲーム。このゲームの勝利者が、かつてミスターと呼ばれた男の権利を継承できるのです! そう、即ち七人目の“聖父”となるのです! ただし今回賭けていただくのは、皆様自身の命! 勝利すれば“聖父”に...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ケモノガリ6(イラスト簡略版)
    クラブ壊滅へ。新たな戦いが始まる――。 ――予感があった。  ――決戦は近い。限りある命をガソリンのように消費している気分。  ――予感があった。  ――宿敵はすぐ手の届くところにいる。怨敵の影が見える場所まで近付いている。  ――予感があった。  ――終焉は近い。何もかもの決着がつき、僕は消えて四散する。  ――予感があった。  ――別離は近い。それが一体誰との別れなのかは分からないけれど。  ――...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ケモノガリ7(イラスト簡略版)
    ――旅は終わり、終わりが始まる。  ――終わりにしよう、と誰かが言った。  ――まだまだ終わらぬ、と誰かが言った。  ――終わらせる、と誰かが言った。  ――続けさせる、と誰かが言った。  ――殺してやる、と誰かが言った。  ――殺されない、と誰かが応じた。  ――戦おう、と誰かが言った。  ――戦う訳がない、と誰かが言った。  ――何故戦わぬ、と誰かが問うた。  ――僕は答えた。  ――お前などと戦うもの...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ケモノガリ8(イラスト簡略版)
    それでは、旅の終焉を始めよう。 才能は必ずしも発揮しなければいけないわけではない。 爆弾を作る天賦の才があったとしても、爆弾を作れば誰かが傷つくだろう。 人を殺す才能があったとしても、人を殺していいわけでもないはずだ。 なのに、僕は人殺しを選んだ。その時点で、誰が何と言おうと許されない。 罪は背負うと決めていた。その先に何が待っているかも理解していた。 それでも、ケモノを狩るた...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています