日本妖怪変化史

日本妖怪変化史

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

幽冥界には妖しい力があって絶えず人間界に災厄を加えんと恐ろしい糸を操っている…そう信じて、鬼に食われ、狐狸に誑かされ、幽霊に悩まされてきた日本人。多くの文献から収集した記事をもとに、妖怪変化の正体を多面的に明らかにし、古来の風俗に人間の妄執の移り変わりを見る。大正十二年に発表された表題論文ほか、「文芸上に表われたる鬼」「火の玉」を収録。中公文庫版に図版を追加し、本文の補訂をおこなった新版。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫BIBLIO
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

日本妖怪変化史 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    妖怪風俗史の基本文献。
    一つ一つのエピソードはどこかで聞いたものが多いが、それはこの本か起点をなす場合が多い。
    また妖怪と変化を区別さ、容姿による分類は、「いたんだよ!妖怪変化は!」という、著者の妖怪への親しみを感じて微笑ましい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月20日

    大正時代の本で、柳田國男よりも前の本。
    のくせに!!読みやすい!
    本編のほか、鬼や火の玉に関する考察も載ってます。
    図録も多くて非常に嬉しい。
    ビジュアルや特徴などで分けたり、妖怪の定義が広いのも特徴。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月03日

    妖怪は存在するという前提のうえで扱っているところが素晴らしい!色々な事例が示され、元本を片っ端から読みたくなった……。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

日本妖怪変化史 に関連する特集・キャンペーン