いろいろ
  • NEW

いろいろ

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

たおやかでまっすぐな言葉が紡ぐ、ありのままの本音。 等身大の上白石萌音があふれた文筆処女作となるエッセイ集、完成!

何気ない日常の断片や去来する思い、情景などを綴った50篇におよぶエッセイ、大切な家族との再会や、ゆかりの地を巡った故郷・鹿児島ルポ、初の創作となる掌編小説、思い出の写真とともに振り返るバイオグラフィ、本人撮影によるフィルムカメラスナップ……。
これまでブログやSNS、メディア取材などでは語られなかった気持ちや、家族・友人への思いなど、過去を振り返りながら足もとを見つめ直し、そして未来へ思いを馳せるように、ありのままに瑞々しくも至妙に綴られた文章はすべて書き下ろし。何気なくてあたたかな数々の“記憶”をあざやかな“叙述”として編み上げました。
豊富に収載する写真は全点初公開。文章と写真によって、俳優、歌手、ナレーターなど幅広い活躍でいま最注目の上白石萌音さんの多彩な魅力をあらゆる角度から描き出し、知られざる素顔と胸の内を知ることができる、ファンならずとも必携の一冊です!

*電子書籍版は限定表紙&撮り下ろしカットを追加収載。紙版の一部カット未収載となります。

〈内容〉
*はじめに
*エッセイ
「踊る」「視る」「懐かしむ」「読みこむ」「採る」「完パケる」「灯す」「駆られる」「決まる」「学ぶ」「読み上げる」「歩く」「断ち切る」「揃える」「降る」「鳴らす」「交わす」「合わせる」「駄弁る」「歌う」「食べる」「挟む」「ふやける」「減らす」「愚痴る」「叩く」「赴く」「住む」「生きる」「立ち返る」「めくる」「失くす」「写る」「違える」「オフる」「入る」「観る」「並べる」「参る」「宿る」「始める」「料る」「走る」「応える」「おます」「触れる」「褒められる」「演じる」「撮る」「終わる」  《全50篇》
*わたしの“萌音さんの色”
*掌編小説
*わたしがいた風景~鹿児島小旅行リポート~
*足あと、いろいろ
*『いろいろ』ができるまで
*あとがきにかえて

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
NHK出版
ページ数
226ページ
電子版発売日
2021年09月25日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
40MB

    Posted by ブクログ 2021年10月10日

    「いろいろ」

    上白石萌音さんの、初のエッセイ集。
    上白石さんが本を書かれることがあったらぜひ読んでみたいと思っていた。それは、瀬尾まいこさんの「そしてバトンは渡された」の文庫の解説を読んで
    とても温かみを感じる言葉選び、読書家を感じさせる語彙力に惹かれていたからだ。

    本のタイトルも上白石さんの直...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    読んだらきっと心が救われる本

    あおい 2021年10月02日

    普段テレビなどで見ているしっかり者の萌音ちゃんの姿とはまた違った、23歳の等身大の女の子の姿も垣間見ることができます。ファンは必読の一冊ですが、クスッと笑えるところもあり、萌音ちゃんの素敵な考え方から学ぶところもあり、読んだあと心がスッと軽く、そしてあったかくなる内容なので、ファンでない方にもぜひ読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月29日

    めちゃくちゃ丁寧に作られている本!久しぶりに装丁に惚れ惚れする本に出合った。と、萌音ちゃんの文章は萌音ちゃんが語りかけてくれるみたいにすぅーっと頭に入ってくるな。いつか朗読会してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月28日

    "可愛い"を具現化して"憧れの女の子像"を可視化した、みたいな人だと思っていた。
    画面の中の愛される天才は、少しだけ他の人よりも喜怒哀楽のバリエーションが豊かなだけで、丁寧に、繊細に、いろいろな色で世界を見ることの出来るような、とんでもなく素敵な人だった。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月25日

    大好きな大好きな萌音ちゃん初の著書。
    萌音ちゃんが表す言葉たちは、知的であったかくて柔らかくて、一言一句吟味された言葉たちで溢れていました。
    萌音ちゃんの日々感じたことを知るのが嬉しくて嬉しくて思わず一気読み。
    2回目読むときはひとつひとつの言葉をもう少し味わうことにします。
    エッセイも読みやすくて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年10月09日

    P.55
    雨が嬉しい人もいるから、天気予報では雨を形容するのにマイナスな言葉を使わないらしい。

    P.38
    「(中略)あのね、朝起きて一番に書く字が、一番綺麗なのよ」

    P.15
    それに、「視えるようになる」という喜びを、わたしは毎朝コンタクトをつけるたびに味わえているのだ。

    P.99
    「お前は本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています