真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 6
  • 完結
  • 最新刊

真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 6

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
グループ・ゼロ
掲載誌・レーベル
マンガの金字塔
シリーズ
破天荒鑑定士 真見士シリーズ
ページ数
113ページ
電子版発売日
2021年09月17日
サイズ(目安)
56MB

真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 6 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 1
    完結
    呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
  • 真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 2
    完結
    呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
  • 真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 3
    完結
    呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
  • 真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 4
    完結
    呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
  • 真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 5
    完結
    呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!
  • 真見士-破天荒鑑定士-【分冊版】 6
    完結
    呑天堂の屋号で古物商を営む神大寺観介は、そんじょそこらの目利きじゃない。人呼んで「真見士」! あらゆる逸品に精通し、ひと目でその価値を測ることができる凄腕中の凄腕。政財界の大物たちにもご贔屓が多く、その鑑定眼には全幅の信頼が置かれている…が、本人はガサツでスケベな豪快男。その豪放磊落な性格のせいで、問題案件ばかり呼び込んでくるのであった。借金のかたに信楽の骨董品を持ち込んできた男と、金の貸主の秘書。観介は一瞥をくれただけで千五百万円と鑑定する。喜ぶ秘書だったが、持ち主の男は頑なに売ろうとしない。そのやり取りを見た観介は…?!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています