逆撃 三方ケ原合戦

逆撃 三方ケ原合戦

作者名 :
通常価格 832円 (757円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

元亀三年、武田騎馬軍団は信玄悲願の上洛を果たすべく、風林火山をはためかせて西上を開始。徳川家康の守る浜松へと迫っていた。現代人軍師御厨も影武者を努める典厩信繁とともに軍中にあった。史実では信玄はこの上洛戦の最中に病死、武田は軍を退く。だが、そのまま信繁を総大将に、織田・徳川連合軍を粉砕して一気に京に攻め上る――それが御厨の壮大な計画だった。手始めに浜松城を奪取し家康を討ち取る詭計を立案、別働隊が行動を始めたが。なるか逆転! 戦国軍略シミュレーション

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELS
ページ数
338ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

逆撃 三方ケ原合戦 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    時代小説、フィクションの話。現代に生きる御厨が過去に戻り武田軍の軍師として三方ヶ原の戦いに参加するというもの。勝頼が駄目すぎて嫌悪感を覚えてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています