神楽坂―戦火の情人―

神楽坂―戦火の情人―

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

花魁草の香り漂う花街・神楽坂。幼馴染みで上官の陸軍中尉・鷹司に連れられ、秋月は初めてその街を訪れた。そこで出会ったのは、少女と見まごうばかりの美貌の少年・雪乃。この日、女将が鷹司に水揚げを頼んでいた芸妓だという。座敷へ出ることを厭い、自殺までしようとする雪乃に、秋月は男子として生きる道を与える。しかし、緊迫する世界情勢の中、男同士であるがゆえの絆や信愛は、狂おしい恋情へと変わってゆき…!?

ジャンル
出版社
学研
ページ数
237ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

神楽坂―戦火の情人― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年07月25日

    「戦火の情人」編と「戦火の花嫁」編の全2巻です。時代設定が第二次世界大戦中、中国戦線出兵、神楽坂にある吉原的な場所から身請けされた少年…、ってな興味を惹きまくりの作品紹介だったんで、2ヶ月連続発売ものを購入したんですが、私的にはいまいちです。BLじゃないところでドラマチックだからでしょうか?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

同じジャンルの本を探す

神楽坂―戦火の情人― ページトップヘ