RIDERS CLUB(ライダースクラブ) 2019年9月号

RIDERS CLUB(ライダースクラブ) 2019年9月号

通常価格 713円 (649円+税)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ライテクはワインディングのブラインドカーブ攻略。未知の峠をポジティブに走るコツを紹介します。第2特集は誕生から60年を迎えたHonda CB。歴代CBを宮城 光が世代別に分けて分析。「やっぱりバイクはやめられない 青木拓磨」は、事故で下半身不随になった元世界GPライダーが再びバイク人生をスタートさせるレポート。青木3兄弟が集結し、拓磨さんを全面サポートします。「トライアンフ バーチカルツインに宿るイギリス魂」では、ツインを中心に展開。インプレッションや歴史、トリビアを紹介します。その他、アメリカで行われたパイクスピークや電動バイクの世界選手権、MotoEの開幕戦も掲載しています。



表紙
KUSHITANIとコラボしたキーケースに新色登場!
RIDING PARTY 2019
目次
巻頭特集 ブラインドコーナーの苦手を無くしたい!
第2特集 Honda CBを世代別に分析 CBの原点を知る【前編】
SUZUKI KATANA 新たなる物語の始まり
Norton DOMINATOR -MOTO CORSE CUSTOM-
R/C IMPRESSION ナイトロンを装備したYAMAHA SR400&YZF-R25
TRIUMPH 進撃のバーチカルツイン
MV AGUSTA 来たるべき3気筒黄金時代!
カスタムパッケージでDIAVELはもっと遊べる!
916誕生25周年記念 パニガーレV4の特別仕様が登場
マスターピース研究所 ブレーキパッド
Moto Corse 好きだからこだわりたい
たゆまぬ進化×変わらぬ伝統 KUSHITANIの職人に聞く Vol.3
話題のガソリン添加剤LOOPって何だ!?
青木拓磨 「バイクは決してやめられない」
Catch Up DAINESE製ベスト型エアバッグ
Catch UpBABY FACE製セパレートハンドル
Catch Up HYOD製D3O内蔵胸部プロテクター
Maintenance Lab ~メンテナンスで気持ちよく操る!~
DAINESEのサーキット走行会「D-EXPERIENCE SAFTY DAYS」
レースの裏側教えます! hikaruGP.com
Moto3ライダー・佐々木歩夢が行く道
宮城 光の東京ハイスピード
デザイナー荒川眞一郎コラム「ハリネズミはボイジャーに乗る」
くまさんのフリートーキング
大鶴義丹の「好きだけじゃ済まされない」
ネモケンに聞け!
Riders SALON
Ken’s Talk
PRESENT
ようこそ“未来”のバイクレース MotoEがついに開幕!
Moto2エンジンサプライヤーTRIUMPHの765cc3気筒
天空を駆けるレース パイク・スピーク・インターナショナル・ヒルクライム
土まみれ、泥だらけの世界へようこそ!!「RIDIRT CLUB」

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
158ページ
電子版発売日
2019年07月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
138MB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 97件
  • RIDERS CLUB(ライダースクラブ) 2019年11月号
    NEW
    巻頭特集は『コーナー直前&直後のシフトチェンジの意識改革』。シフトアップは何とかなっても、シフトダウンは苦手に思う人が大半……ところが苦手と思っている操作は、実はすべて呪縛かも? 慣れてしまえば、難しいテクニックは不要なのです。この機会に小まめなシフトチェンジで、スムーズ且つ醍醐味を楽しめるライダーへレベルアップしましょう! その他、イギリスで発表されたトライアンフのデイトナ7...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • RIDERS CLUB(ライダースクラブ) 2019年10月号
    巻頭特集は、『前乗り? 後ろ乗り? どちらが正解? 座る位置で曲がり方が変わる!』です。80年代からのバイクファンなら懐かしい「前乗り/後ろ乗り」、それはいまも通用する乗り方なのか? 実は座る位置で曲がり方は激変するのです。鈴鹿8耐はカワサキが26年ぶりに勝利! 8時間の耐久レースにもかかわらずホンダ、ヤマハ、カワサキのファクトリーチームが最後まで熾烈な争いを繰り広げました。そして...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • RIDERS CLUB(ライダースクラブ) 2019年9月号
    ライテクはワインディングのブラインドカーブ攻略。未知の峠をポジティブに走るコツを紹介します。第2特集は誕生から60年を迎えたHonda CB。歴代CBを宮城 光が世代別に分けて分析。「やっぱりバイクはやめられない 青木拓磨」は、事故で下半身不随になった元世界GPライダーが再びバイク人生をスタートさせるレポート。青木3兄弟が集結し、拓磨さんを全面サポートします。「トライアンフ バーチカルツイン...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • RIDERS CLUB(ライダースクラブ) 2019年8月号
    巻頭特集は「トラクションの新常識“あなたはちゃんと使えてますか?”」です。いまは当たり前のように使われる“トラクション”という言葉。しかし、その実態が何かを理解しているライダーは意外と少ないのです。難しそうだけれど、誰でもマスターできる最新バイクのトラクションの使い方を解説します。スズキKATANAがいよいよデリバリー開始。14ページの大特集でお届けします。何にも似ていない超個性派ツイ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • RIDERS CLUB 2019年7月号 No.543
    巻頭特集は、知っているようで実は知らない「フロントタイヤの使い方」。バンクさせていくとどうも接地感がなく、信頼することができない。雨の日や寒い日などはますます不安で、ブレーキも恐々となんとなくかけるだけ。バンクを深くしていくとフロントから足元をすくわれそうな気がする……。そんな、前輪の悩みを解消します。第2特集の「パフォーマンスで語らない大人の趣味性を追求する」にはカワサキW800...
  • RIDERS CLUB 2019年6月号 No.542
    巻頭特集は「速い」よりも「上手く」なるライテクVol.1。何をきっかけに曲がり始めていますか? です。バンクするのがライディングの醍醐味。では、この曲がるときに皆さんはどう操作していますか? 皆、バイクを傾けて走っているのにこの質問の多くの答えは「なんとなく…」です。今回はそんな「なんとなく」から卒業するためのライテクを紹介。第二特集は令和元年のバイクトレンドを先取り。バイクの最...
  • RIDERS CLUB 2019年5月号 No.541
    巻頭特集は、パフォーマンスで語らない、大人の趣味性とは――。 編集部員が好きなバイクを選ぶと、 そこには、単気筒、2気筒、3気筒、4気筒と見事に違うキャラクターが集合。 これから大人は何をテーマに楽しむか……そんな特集です。 BMW S1000RR Mパッケージに編集長の小川がエストリルでテスト。 すべてを刷新したその実力は!? SUZUKI KATANAのワールドローンチが京都で開催、宮城 光が試乗してきました。 ...
  • RIDERS CLUB 2019年4月号 No.540
    巻頭特集は、ベテランもやりがちな、カン違いライテク 「ていねいで滑らかな操作は間違っていた」です。 キャリアがあっても気が付きにくい苦手とまでいかなくても 乗りにくかった操作を解消すべく、 編集部員がさまざまなテーマにチャレンジしていきます。 第二特集は「サーキットデビュー応援ガイド」。 今年こそサーキットを走ってみたい方は必見です。 最近は飛ばさない人でも対向車のこないワインディ...
  • RIDERS CLUB 2019年3月号 No.539
    巻頭特集は『2気筒は乗り方の工夫で面白さ倍増』です。 2気筒のバイクに悩める読者が乗りこなしのコツを得て走りに開眼。 また2気筒未体験ライダーがさまざまなバイクに乗って感じた印象とは!? 世界の2気筒バイク、各車も紹介します。 第2特集は『0.01秒で世界が変わる! 2018 MotoGPマシン』です。 ホンダRC213V、ヤマハYZR-M1、スズキGSX-RRの開発陣に話を聞き、2018年に何が起きていたのかを解説し...
  • RIDERS CLUB 2019年2月号 No.538
    巻頭特集は、「ベテランに学ぶ、ツーリングテクニック」。 最初は楽しかったバイクなのに、乗り方を考えるほどに悩みがでてきたり、 カーブに差し掛かりイメージしたよりバイクが曲がってくれずヒヤリとしたことのあるライダーも多いでしょう。 しかし、自分よりも年上、決して体力があるとも思えないベテランライダーが バイクを操り、余裕をもってコーナーを駆け抜けていくのはなぜでしょう!? 今回は70歳...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています