「ダライ・ラマ」おすすめ作品一覧

「ダライ・ラマ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/30更新

ユーザーレビュー

  • ダライ・ラマ「死の謎」を説く
    ダライ・ラマはチベット仏教の正統継承者であり最高権威者です。中国軍から弾圧を受けてインドに拠点を置く亡命政府で活動して既に半世紀を経ている。 89年にその功績を認められ、ノーベル平和賞を受賞しています。 この本はその頃にダライ・ラマにインタビューした内容にインタビューした大谷幸三氏が ところどころに...続きを読む
  • ダライ・ラマ「死の謎」を説く
    「死の謎」となってはいるけれども、ダライ・ラマが話していることは輪廻転生だけでなく、愛、カルマ、欲望など幅広い。ダライ・ラマ自身のことばも解説文もとても読みやすい。短いセクションごとに解説が入るとダライ・ラマの言葉に集中できない、という欠点はあるけれども、よりよい編集方法は思い浮かばない。気になるな...続きを読む
  • ダライ・ラマ「死の謎」を説く
     ダライ・ラマ14世が説いた言葉の紹介とそれの解説付きのチベット仏教入門編。仏教というもの事態が、いくら平易に説こうとしても説けない性質もあるのかもしれないが、シンプルに心に残る言葉が多く、興味深く読んだ。
     ただ、ダライ・ラマ14世の略歴を冒頭でさらーっとしないと、この人がどんな背景や状況下で話し...続きを読む
  • ダライ・ラマ般若心経を語る
    昨今、イスラム教が話題となり宗教の勉強もしないとなと思った時に、そもそも俺って仏教徒なんだよなと思って手にした本。
    曽祖父が千巻写経したりして、門前の小僧ではないけれど、般若心経なら人の読経について唱えることはできる。でも、それは完全に音から入った暗号、呪文。
    その般若心経を漢語、サンスクリット語、...続きを読む
  • ダライ・ラマ「死の謎」を説く
     ダライラマとのインタビューをもとに書かれた本です。
     「生とは」「死とは」「宗教とは」を説明します。
     全体を貫くのは「執着の薄さ」です。
     生きている間、人間はどんどん変化し続け、同じところにとどまることはない。また、カルマはとらえ方によって変わる(戦争で相手を殺す、というのは悪いカルマだが、同...続きを読む