「安西理晃」おすすめ作品一覧

「安西理晃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:安西理晃(アンザイリコ)
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

『お姉ちゃんが来た』、『「花色プロセス』、『幼なじみリレイション』などの作品を手がける。代表作『お姉ちゃんが来た』はアニメ化されている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 幼なじみリレイション(1)
    今、ざっと英和辞典で調べたみたら、リレイション(relation)ってのは関係って意味のようだ
    相変わらず、安西先生の四コマ漫画のヒロインはブッッ飛んでる、キャラが。けど、桁違いの個性も含め、可愛いのだから、そこが凄い。まんがライフMOMOでは割と、『晴れのちシンデレラ』の宮成楽先生や『ゴードーダイ...続きを読む
  • 花色プロセス1
    月刊まんがライフMOMOの地位を支え、また、アニメも人気な『お姉ちゃんが来た』ではあるが、個人的には、こっち、『花色プロセス』の方が面白い、と感じたかな
    四コマ漫画としての完成度はさすがに、巻数が出ているだけあって、『お姉ちゃんが来た』の方が上なので、どちらも、安西先生の代表作になる事は間違いあるま...続きを読む
  • お姉ちゃんが来た (4)
    親の再婚により、義姉が出来ました
    その義姉は美人で、重度のブラコン
    そんな義姉さんからの愛の囁きと過剰なボディタッチ、濃厚なハグは日常茶飯事
    ここだけ紹介すると、どんな成年漫画ってツッコミが来そうだが、エロは一切なし(セクシーな描写は少なくない)で、義姉弟の日常を主軸にしたドタバタコメディなのでご安...続きを読む
  • お姉ちゃんが来た (3)
    3巻になって、主人公姉弟の周囲の人達もだいぶキャラが立ってきて面白くなってきた。特に姉の友人のエピソードが今巻では掘り下げられていて、そこと弟側の友達との絡みも楽しい要素の一つ。相変わらず姉は弟ラブで、弟はそれに戸惑っていたり、同級生に好きな子がいたり、どっちに何か進展はあるか、今後が楽しみな作品。
  • お姉ちゃんが来た (2)
    姉が両親の再婚でできた新しい弟を追い回す4コマ漫画の第2巻。弟側の友達、姉側の友達、双方のキャラが立ってきて、それらのキャラの交流もまた見ていて面白い要素。突飛な行動をする人達が起こすドタバタコメディや恋愛的要素というよりは、きょうだいの形、一人っ子の考え、といった事にもフォーカスしているところが良...続きを読む