「木佐芳男」おすすめ作品一覧

「木佐芳男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/06更新

ユーザーレビュー

  • “戦争責任”とは何か 清算されなかったドイツの過去
    同じ戦争敗戦国であるドイツと日本でどう歴史認識を行っているのか、それが世界でどう認識されているのか。今韓国、中国から非難されている日本は過去の日本政府、官僚、国民の対応の結果だろう。ドイツも形こそうまく清算したかのように見えるがそれは見せかけだけ。調べてみると負の部分はどんどん出てくる。今一度歴史を...続きを読む
  • “戦争責任”とは何か 清算されなかったドイツの過去
    「過去を真摯に反省したドイツ」に対する違和感の正体を丁寧に解き明かしてくれる一冊。ドイツは「DEトリック」「ABCトリック」と著者が名付けた2つのトリックを使い「過去の清算」を可能にしている、という内容。

    DEトリックとは、一般のドイツ人をナチスと切り離し、ナチスにすべての罪をなすることによってド...続きを読む
  • “戦争責任”とは何か 清算されなかったドイツの過去
    戦争責任については、中韓からは「未だに過去を清算できない日本」と言うメッセージが世界中にばら撒かれており、片やドイツは現在の処この問題を実にすっきり処理しているように見えます。
    この日独両国の差を解きほぐそうとしたのが本書で、非常に精力的に取り組んだ本だと思います。

    結果から言うと、
    ①ドイツはヒ...続きを読む
  • “戦争責任”とは何か 清算されなかったドイツの過去
    ドイツによる第二次世界大戦の清算過程における問題を、
    非ナチ化と三種の戦争犯罪という面から議論する一冊。
    日本との対比もあり論点が明確でわかりやすい。
    また急速に進行した東西冷戦の影響が強かったことも印象的だった。
  • “戦争責任”とは何か 清算されなかったドイツの過去
    [ 内容 ]
    1995年にドイツ各地で開かれた「国防軍の犯罪」展は激しい抗議運動を引き起こした。
    ナチスばかりでなく正規軍も残虐な行為を行っていた事実に光が当てられたためである。「ドイツは自らの戦争責任を認め、謝罪してきた」と言われてきたが、それは正しいのだろうか。
    膨大な聞き取り調査を通じ、ドイツ...続きを読む