プロフィール

  • 作者名:大詩りえ(オオウタリエ)

公式X

作品一覧

  • 世良さんちの
    完結
    -
    全1巻550円 (税込)
    おっとり長女・ゆとり(高1)、クールな次女・さとり(小6)、健気な天使の末っ子・つくし(4歳)。父は単身赴任、母は仕事で昼夜逆転生活だから、世良家の3姉弟はお互いを助け合って過ごす毎日。3姉弟のみずみずしい気持ちを紡いだ、あたたかくって抱きしめたくなるファミリーコメディ!
  • 君視彩の恋 1
    完結
    5.0
    全3巻459~480円 (税込)
    再会したあの時の「ヒーロー」は不思議な“彩(いろ)”が視える人でした… 陽彩(ひいろ)は、小学生の時に命を救ってくれた男の子にずっと「ありがとう」を伝えたかった。その時と同じような、少し先の未来が視えるチカラのおかげでお兄さんに再び助けられて…!? 彩りが視えるフシギな特殊能力がつなぐ年の差ある2人の淡き恋物語のスタートです。
  • ぼくらのクロノスタシス 1
    完結
    -
    全2巻459~480円 (税込)
    学校なんて大キライだ――相葉花凜は中学時代のトラウマから学校が好きになれない高校1年生。必死で頑張って、せっかく憧れの高校に入学できたのに新学期はトラブルからはじまり大ショック…。そんなとき階段下に謎の部屋を発見!? そこは学校中の映像をチェックすることができる秘密の隠し部屋だった。そこに住む謎の男子・神堂は「学校ギライを集めた部活を作る」と宣言。予想のつかない高校生活がはじまった!
  • 猫田のことが気になって仕方ない。 1
    完結
    4.2
    全10巻418~438円 (税込)
    転校を繰り返してきた小学生・周未希子ことみっきーは、どうせ友だちを作ってもすぐお別れと思い、人と深く付き合ったり、友だちを作ることをやめてしまった。 人に興味を持たず、ドライに過ごしてきたみっきーだが、転校先で出会ったのは、猫顔の男子だった…!! これは気になって仕方ない!
  • 表×裏ガール
    完結
    5.0
    全1巻418円 (税込)
    クラスメイトに「宿題見せて」「掃除かわって」と言われても笑顔で「いいよ」と言う、一見カンペキな委員長キャラ・由梨子。しかし、そんな彼女には当然、裏の顔があった。「これって私のこと!?」と思ってしまうこと必至の共感ストーリー。 【同時収録】表×裏ガール―背中合わせの私と私―
  • 猫田のことが気になって仕方ない。 1

    匿名

    ネタバレ 購入済み

    みっきーが面白い!w

    みっきーの男勝りな性格と周りを巻き込んで行ってくのが面白くて、私の中で上位に入るほど大好きな作品です!!
    特に、猫田の顔も読んでいる側からしてもえ?!ってなったりワクワク感やドキドキ感・焦れったい…のスリーコンボがもう最高で見てても飽きない作品です!

    #笑える #じれったい #ハッピー

    0
    2024年06月20日
  • 猫田のことが気になって仕方ない。 10

    Posted by ブクログ

    顔が見えてすごくスッキリしました
    イケメンだなと思いましたw
    このマンガは読んだなかで一番心に残るお話だなと思いました
    猫田のことが気になって仕方ないはすごく面白いので是非読んでみて欲しいです
    読んでたら自分も気になってしまうようなお話でした
    沼ってしまいましたw
    特しかしません

    0
    2024年05月04日
  • 猫田のことが気になって仕方ない。 10

    購入済み

    気になって仕方なかったです

    タイトルどおり、猫田がどんな顔をしているのか気になり読み始めました。
    猫田の顔が気になるのはもちろん、それ以上に物語の中で移りゆく主人公の心の成長や関係性にとても惹かれ、最後まで飽きることなく、むしろどうなっていくのか。わくわくしながら楽しく読ませていただきました。
    本当に魅力的で素敵な作品でした。

    この漫画に、みっきー達に出会えてよかったです!

    0
    2020年01月18日
  • 猫田のことが気になって仕方ない。 9

    Posted by ブクログ

    クライマックス。あまりにも準備が整いすぎていて、描くシーン描くシーンがぜんぶ良い、あの状態になってしまっている。この作者さん、次回作もきっとすごいの描ける方だろうな〜。上の年齢層の雑誌にも進出できるかも……。

    0
    2017年01月14日
  • 猫田のことが気になって仕方ない。 8

    Posted by ブクログ

    みっきーがとても頑張って少女マンガのヒロインをやっている。誰も決めていない、自分ひとりだけの答えを探して(やがて)見つけ出すこのヒロイン像は、ガーリッシュやボーイッシュを越えた、ひとつの英雄像にも映るのです。作者さんコピーライターの才能まであるなぁ……トーンの切れ端コーナーはちょっとどうかと思うけれど。

    0
    2016年07月27日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!