「森田季節」おすすめ作品一覧

「森田季節」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森田季節(モリタキセツ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1984年04月10日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

京都大学卒。2008年『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』でデビュー。『原点回帰ウォーカーズ』、『お前のご奉仕はその程度か?』、『烈風の魔札使と召喚戦争』など多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/17更新

ユーザーレビュー

  • ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート
    ギターを抱えた少女の表紙とスタイリッシュなタイトルに惹かれて購入したんですが、面白かったです。
    基本女子高生の一人称で話が進むんですが、これが凄くリアル。
    外面はいいけどその実世間を斜に見る冷めた女の子の心情が「あるある!」「いるいる!」「むしろこれ私!」という絶妙な比喩で表現され小気味よい。
    男子...続きを読む
  • 不戦無敵の影殺師2
    この作品のリアリティは、主人公が抱える「この世の中には敵がいない」という影殺師のジレンマでしょうか。キャラノベなんて主人公の葛藤なしには成立しませんが、この主人公の朱雀君の葛藤はいちいち等身大で痛いほど共感してしまう。結果として深く物語世界に引き込まれてしまいました。結論、このラノベのいちばんの魅力...続きを読む
  • 封神演戯 2
    ふおおおぉー、面白かった!1巻がとても面白く2巻への期待度が否応なく上がっていたため、つまらなかったらどうしようと思ってたけど、余計な心配だった。序盤から物語の中にするする入っていける楽しさだった!

    基本イメージがフジリュー版封神演義でできているから、イメージがさくさくと思い浮かぶ。キャラクターも...続きを読む
  • 封神演戯
    フジリュー版封神演義の美少女化というかリスペクトというか、懐かしい名前がたくさん出てきて面白かった。美少女化することで、原作では有り得なかった太公望と楊戩のラブコメが発生している。楊戩の意地っ張りと暴力女とツンデレっぷりが楽しい。

    ストーリーはフジリュー版封神演義をなぞるようで、太公望ってこういう...続きを読む
  • つきたま ※ぷにぷにしています
    社畜ネタならぬ公僕ネタ、相談窓口あるある。どっちもなったことないから実際のところはわからんけど、妙なリアリティがあって楽しかった。シーズン先生公務員なの……?

特集