「関本のりえ」おすすめ作品一覧

「関本のりえ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/06/14更新

ユーザーレビュー

  • 世界で損ばかりしている日本人
    日本語の文化は好きだけれど、国際社会では通用しないのだなと改めて実感させてくれた本。
    あとフランスの政府高官の話がおもしろかった。フランス人はフランス文化を愛しているのですね。
  • 世界で損ばかりしている日本人
    国際機関というと、世界中からのエリートの集まり手に届かない場所のように思っていた。
    中を覗くと、国籍によって繰り広げられる人間関係、影響力なき日本の立場、頭脳の身ではない英語やプレゼン力の大きさ…まさに日本人は損している。
    世界はボーダーフリーになり、市場は世界に通じる。
    だからこそ、日本人を辞める...続きを読む
  • 世界で損ばかりしている日本人
    Superオススメ!
    国際交流場に相手が日本人を理解できるコツや話し方を書いている一冊!
    For foreign student: this is a book that share the insight of what in the Japanese mind. And what can you...続きを読む
  • 世界で損ばかりしている日本人
    世界は優しくない。それが本書を読んだ感想だ。

    国際労働機関、経済協力開発機構、アジア開発銀行、世界銀行・・・・

    様々な国際機関で仕事をしてきた数少ない日本人である著者が本書を書いた理由は、国際社会で損をしている日本をどうにかしたかった、からだと書いている。

    エゴ丸出しで自己主張する国際機関の職...続きを読む
  • 世界で損ばかりしている日本人
    日本人が海外で働くことの難しさを単刀直入で書かれています。
    実に気持ちがいい。 

    日本人としての「謙虚さ」が海外では裏目に出る。
    これは自分が旅してても思いましたが、実社会でもそのようです。

    そして英語はやはり必須。外に出ようとするなら必要ですよね。 

    あまりここまで「ハッキリ」日本の国際社会...続きを読む