作品一覧

  • なりたいようになりなさい
    3.5
    1巻1,540円 (税込)
    《自分をあきらめきれない女性たちへ──》 就職、退社・独立、結婚、出産、子育て、子育てがひと段落、定年……女性の人生には、いろいろな転機があります。 その転機において、自分が描いた理想と現実の間で悩み、苦しみ、挫折を経験している人も多いのではないでしょうか。 1935年生まれの現役美容家、小林照子先生にも、多くの困難がありました。 子どもの頃に養女に出され、30代までは「人生のどん底」だったといいます。 それでも、照子先生は自分の人生をあきらめませんでした。 化粧品会社では女性初の取締役になって、定年まで勤め上げました。 退職後は、メイクアップアーティストを育てる学校を創業し、85歳のいまも経営者として、美容家として第一線で活躍しています。 仕事と家庭を両立して、つねに最前線を走る生き方のコツは、「しないことを決める」こと、そして「することを選ぶ」ことだと照子先生は言ってきました。 そして本書では、迷ったとき、自分の人生にとって本当に大事な「すること」だけを見極め、選ぶ方法について語っています。 人生100年時代に突入し、元気に生きる時代は長くなりました。 不透明な時代でも、自分らしく生きる。 なりたいように生き、「なりたい自分」になりましょう。
  • 美しく生きるヒント
    -
    「美しく生きるということは、表面的な美しさを大事にすることではありません。体裁をつくろうことでもありません。自分のこころ、ひとのこころをいたわりながら、よどみなく生きていくことです」。85歳の現役美容家・経営者である著者を、人生のさまざまな場面で勇気づけてくれた言葉が、この一冊に詰まっています。不安も悩みも消えていく「こころの美容法」。
  • 48歳からの「いい男」の条件(きずな出版) 第一印象を決める自分プロデュース術
    4.0
    1巻1,400円 (税込)
    男にとっての「48歳」とは、もう若手ではないけれど、老人でもない……むしろ、人生100年時代においては本当の人生のスタートを切る時期。男性は48歳から「大人の男」としてデビューするのです。そこで大切になるのは、じつは「見た目」。どれだけ実績を上げている人でも、部下や女性たちから「不潔な人だ」「一緒に行動したくない」と思われてしまったら、そこまでです。48歳になって自分の体のメンテナンスを怠ってしまえば、肌や髪の毛、姿勢などで衰えが出てしまうのは明らか。だからこそ、48歳を迎えるころから、自分を客観的に観察して、自分で自分の見た目をプロデュースする心構えが大事になります。日本のメイクアップアーティストの先駆けであり、エグゼクティブたちの印象分析を行ってきた印象づくりのプロが、男性のための「美容」「スキンケア」「身だしなみ」「匂いケア」「生き様」をすべて解説!
  • 人生は、「手」で変わる。
    -
    1巻1,500円 (税込)
    84歳にして現役経営者である美容研究家が教える、しなやかに生きるための極意。人生は自分の「手」で切り拓き、変えていくもの。手で自分をいつくしみ、周りの人との関係性を築いていく。人生100年時代に輝き続ける珠玉の言葉の数々。
  • 50歳から始める「きれい!」の習慣(きずな出版)
    -
    50歳になってもまだ、20代のころのメイクを続けてはいませんか? どんな人も、50歳を過ぎてくるとお肌のコンディションが変わるもの。シワやくすみ、たるみなどで、顔の形だって変化します。なのに、若いころに覚えたスキンケアやメイクのやり方を続けていては、違和感が出て、かえって「おばさん」の顔になってしまうのです。そういう人は、少なくありません。50歳を過ぎたら、それに合わせたスキンケア、メイクの方法を知っておきましょう。そして、なによりも大切なのは、そうした表面的なハウツーをなぞるだけではなく、根底にある「自分をプロデュースする」という考え方。つねに自分を客観的な目で見つめればどんな年齢になっても「きれい!」な自分は演出できます。84歳の今なおメイクアップアーティストとして最前線で活躍する著者が、そのすべてをこの一冊にまとめました。
  • これはしない、あれはする
    値引きあり
    4.3
    1巻742円 (税込)
    本書は、82歳にして いまなお現役の美容研究家として活躍する著者が 「いまを生きる人たち」に、みずからの失敗を振り返りつつ、 「25のしないほうがいいこと」と「25のしたほうがいいこと」を 説いた本です。 「くらべない」「嫉妬しない」「詮索しない」「欠点を隠さない」から 「笑顔でいる」「働きつづける」「ひとり時間を持つ」「たがいに許し合う」まで、 年齢を重ねた著者だからこそ説得力を持つ 「一見あたりまえのことがらに含まれた人生の真理」に 触れてみたいと思いませんか? 著者の小林照子さんは、60年以上にわたって 美容研究家として活躍してきた、 いわば「美容業界のレジェンド」ともいえる存在です。 56歳で会社を創業し、75歳で高校を設立。 82歳にしていまなお、新しいプロジェクトを始めるなど、 「人生100年時代」における、ひとつの理想的な生き方を まさに体現しています。 夢を求める20代の若者から 元気に生きる100歳の方まで 「人生100年時代」を生きる知恵がつまった一冊です。 *目次より抜粋 ◆しないこと―― くらべない 嫉妬しない 心配しない うらやましがらない 嘘をつかない 粗末にしない  など ◆すること―― フルネームで生きる 笑顔でいる 若い人に学ぶ 緩急をつける 手帳を持つ 感謝の言葉を唱える  など
  • “ずっとキレイな人”だけが知っている 45歳から変えていく50のこと もっと自由に、美しく
    4.2
    1巻1,430円 (税込)
    ◆美容研究の第一人者、小林照子直伝 ――前向きパワーがわいてくる美容法・生活法…つねづね私は「45歳から50代初めまでの過ごし方で、その先の明暗が分かれる」と言ってきました。50代、60代で輝けるかどうかは、45歳からの5年間で決まる、といっても過言ではありません。“最近の自分って、ちょっとイケてないんじゃない?”“歳のせい?”“メイクを変えてみようと思うんだけど、いまさら遅い?”――いいえ、けっして遅いなどということはありません。女性にとって、45歳は再スタートの楽しい年齢なのです。(はじめにより)》自分を可愛がること》スキンケアは最強の老化予防》自律神経を活発にする呼吸法》メイクは奇跡を起こす》人生をシンプルにする 他“見た目”も“気分”も“出会う人”も、ガラリと変わる1冊!

    試し読み

    フォロー
  • 80歳のケセラセラ。いくつになっても「転がる石」で
    -
    1巻1,155円 (税込)
    著者は日本のメイクアップアーティストの草分けであり、80歳の今なお現役。人の魅力づくりに携わって60年──。本当の自立は50代からと言います。いくつからでも、いくらでも、人生は楽しくなる! 5人の親に育てられ、10歳で終戦、波瀾万丈の道なき道を歩んできた、美と人生の達人が明かす、ワクワク生きる極意。
  • 美容の極意
    -
    自分をほめて愛してあげると、肌はどんどんキレイになる。家で簡単にできる温冷ケアと頭皮のスカルプマッサージ、元気の源ポジティブ志向で美しさと若さを手に入れる!

    試し読み

    フォロー
  • 小林照子のメイクの力 年齢を重ねてもキレイになる
    3.0
    77歳の喜寿を迎えてますます精力的な活動を続ける現役メイクアップアーティスト・小林照子。そのモットーは、本当の自分の魅力に気づき、なりたい自分になること。そして夢を実現する癖をつけることです。それにはまず隠れた自分の魅力を見つけることが一番という。一美容部員として全国の化粧品店でメイクアップのデモンストレーションをし、販売からキャリアを積み、本社で美容部員育成、広報、商品開発、幅広く活躍し、その後独立。美容と向き合うなかで確立した独自の理論、「ハッピーメイク」は、その人らしい魅力を引き出し、心を明るく輝かせ自信を与えるとして、美容・芸術・芸能・福祉・医療界で注目を集めています。その理論を基本とし、日本人らしい美の魅力を世界に発信しようと、現在、京都から新しい時代の美を追求中。身だしなみを整え美しく振る舞うことは、毎日を楽しく生きる大切な要素。著書の生き方、仕事への情熱を通じて、クオリティ・オブ・ライフを願うシニア世代へ――人は夢を持ち続ける限り、歳を重ねてもさらに美しく輝く――というメッセージを伝えます。

    試し読み

    フォロー
  • これはしない、あれはする

    Posted by ブクログ

    心に刻みたいエピソードに溢れている
    照子先生の体験・経験に基づいた心からの助言

    『用がある』『行くところがある』は大事

    終盤の各年代ごとの助言が胸に沁みた

    0
    2024年03月31日
  • これはしない、あれはする

    Posted by ブクログ

    私たちにはまだ伸びしろがある
    つらくて苦しい時期は、学びの時間
    どんなことが起こってもカッとなってはいけない、かけがえのない1日が台無しになるから

    心配してもいいことは何もない。人生はなるようにしかならないのです。もっと「自分はできる」と思う
    自分はまだ伸びる。またまだのびしろがある。
    日々、自分のプラスの部分を見つける癖をつけると、自信がつく、いいところがない人なんて1人もいない
    憎む前に少しでも愛する、その人の小さい頃を想像する
    過去を嘆いても変わらない、未来は変えられる
    世の中はバライティボックス、いろんな人がいる
    ひとつひとつ気にしてたら心が擦り切れる
    バラバラだからこそ面白い
    飛ん

    0
    2023年10月22日
  • これはしない、あれはする

    Posted by ブクログ

    65歳年上のかたの本でした。
    小枝雅与さんのシンデレラという本で紹介されていてメルカリで購入。
    同じ魚座とのこともあってか自分と重ね合わさることも多く勉強になりました。

    0
    2023年05月12日
  • これはしない、あれはする

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    備忘録
    しないこと
    ・自分を卑下しない。謙虚で控えめであると言う事は、人に軽く扱われる存在になりかねないということ。人には凸と凹があり、へり下りは「おとなしく言うことを聞く人間だ」と相手の要求の押し付けを肥大させる。
    ・柔らかくゆっくり、相手の呼吸やリズムにあわせて話す。
    ・80過ぎたら、風邪をひかない、転ばない、義理を欠く(コーセー創業者 小林孝三郎)。人にどう思われるかを気にせず、少し未来のことを考えて、不義理をするときは不義理をしても構わない。
    ・呼吸法を巧く使う
    ・マイナスの言葉は口にしない
    ・中途半端に全部頑張ることをやめる
    ・信念を守るべきときは決して頭を下げない。ここ一番のときに

    0
    2020年06月21日
  • これはしない、あれはする

    Posted by ブクログ

    素晴らしいことが書かれている。
    私はまだまだ高齢者ではないけれど、
    今後の「生き方」の参考にして行きたい。

    0
    2019年01月01日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!