「日本音響学会」おすすめ作品一覧

「日本音響学会」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/26更新

ユーザーレビュー

  • 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで
    ☆☆☆☆☆
    こういう科学の基礎を知ることのできる本は時々読むと良い。それは、忘れていたり、鈍ってしまっている地上での生活や人体への身近な疑問の感性が取り戻されるから。
    こういう感性は直接お金がどれ位稼げるかという価値ではないから、皆んな近寄らないけど、身につけると(取り戻すと)わかりますネ。モノの...続きを読む
  • 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで
    最近色々読んでいるのですが、知識としてだけでなく読み物としても面白い!もっと早く読んでいればよかったと思いました。
  • 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで
    [ 内容 ]
    あまりに身近すぎて普段は意識しないが、音には、ふしぎな性質、意外な使い道がたくさんある。
    たとえば、邪魔な騒音は音で消し、水中では画像も音で運ぶ。
    コンサートホールは建築音響技術の粋。
    超指向性マイクロホンでマウンド上の投手と捕手の密談を聴き、雑踏の中の人には音のスポットライトで語りか...続きを読む
  • 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで
     余りにも身近すぎて普段は意識しないが、音には不思議な性質、意外な使い道が沢山ある。
     例えば、邪魔な騒音は音で消し、水中では画像も音で運ぶ。コンサートホールは建築音響技術の粋。超指向性マイクロホンでマウンド上の投手と捕手の密談を聴き、雑踏の中の人には音のスポットライトで語りかける。微小世界を覗いた...続きを読む
  • 音のなんでも小事典 脳が音を聴くしくみから超音波顕微鏡まで
    "あまりに身近すぎて普段は意識しないが、音にはふしぎな性質、意外な使い道がたくさんある。たとえば、邪魔な騒音は音で消し、水中では画像も音で運ぶ。コンサートホールは建築音響技術の粋。超指向性マイクロホンでマウンド上の投手と捕手の密談を聴き、雑踏の中の人には音のスポットライトで語りかける。微小世界を覗い...続きを読む