「ジャック・キャンベル」おすすめ作品一覧

「ジャック・キャンベル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ジャック・キャンベル(ジャックキャンベル)
  • 性別:男性
  • 出身地:アメリカ
  • 職業:SF作家

SF作家ジョン・G・ヘムリイのペンネーム。『The Lost Fleet』(日本語訳タイトル『彷徨える艦隊』シリーズなどを手がける。

作品一覧

2016/10/31更新

ユーザーレビュー

  • 彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス
    久々に、睡眠時間を削ってしまう面白い話に出会えました。
    壮大な話、シカケに溢れた世界設定、想像をかきたてられる描写、散りばめられた知恵、個性豊かなキャラクターとその掛け合い。著者も凄いけど、訳者もまた素晴らしい。

    これでSFでなかったら、万人にオススメできるんですが(笑

    著者ジャック・キャ...続きを読む
  • 彷徨える艦隊 10 巡航戦艦ステッドファスト
    きました!戦いとなれば最も難しい敵は……。これが本巻の最後に立ちはだかってくる。この仕掛け、登場した時からだいたい見えてしまうんだけど、黒幕が誰かは,全くわからず、この先の展開がやはりアライアンス内の陰謀に直結する事だけは読める。
    しかし、そうなるとベア=カウ族や、その巨大戦艦インビンシブルや、ダン...続きを読む
  • 彷徨える艦隊 外伝2 星々を守る盾
    やはり外伝の方が読んでて楽しい。
    ミッドウェイ艦隊の兵員を確保するため、シンディック捕虜をアライアンスから受け取る作戦を実施。
    メインストーリーも楽しいけれど、個性的な各キャラクターの人間関係とか様々な思惑とか。
    マーリンとモルガンの関係は、あぁヤッパリそうきたかとういう感じではあったけれど。
  • 彷徨える艦隊 外伝1 反逆の騎士
    彷徨える艦隊シリーズってこんなに面白い話だっけ?
    サッサと本編9巻を読んで外伝2を読みたい

    話は負けてしまった敵側シンディックの辺境星系ミッドウェイ(戦略的には結構重要)の反乱独立話なんで至って普通の設定なんだが本編よりは好きだ。★4.7ぐらいかな。

    本編が百隻以上艦隊を率いる過去から蘇った悩め...続きを読む
  • 月面の聖戦1 下士官の使命
    ミリタリーSFというと、異星人との戦いというスペース・オペラ的設定が多いのですが、ここには異星人は出てきません。戦う相手は自国の企業を脅かす他国の軍隊。地球のほとんどは米国の支配下におかれ、残る場所は月。月をも自国の土地と宣言し諸外国の施設を占領するために軍隊を派遣するでのす。主人公のスタークはその...続きを読む

特集