「長谷川哲也」おすすめ作品一覧

「長谷川哲也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:長谷川哲也(ハセガワテツヤ)
  • 生年月日:1963年
  • 職業:マンガ家

九州工業大学卒。『ナポレオン -獅子の時代-』、『ナポレオン -覇道進撃-』、『アイゼンファウスト 天保忍者伝』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/22更新

ユーザーレビュー

  • ナポレオン~獅子の時代~ 4巻
    2巻に比べてジャコバン派の面々が疲れているような感じを受けました。
    サンジュストは表情がなくなって能面みたいだし、ダントンは老けたし。デムーランはあるシーンで自殺未遂みたいな表情してましたし。ロベスピエールも心なしかシワが増えた気がします。
    初登場のエベールとクートンは比較対象がないですが。
    史実の...続きを読む
  • ナポレオン~覇道進撃~ 2巻
    マレンゴ戦役が主な舞台です。
    作者の戦闘描写はリアルでえげつなくていやらしくて私は大好きですが、グロが嫌いな方には受け入れられないかもしれません。
    死体などゴロゴロ。
    顔や四肢が吹っ飛ぶシーンが続出です。
    こういったシーンは現実から目を逸らすのではなく、あえて描写することで戦争の恐さを表現しているの...続きを読む
  • ナポレオン~覇道進撃~ 2巻
    モンテベッロ→マレンゴ戦役→パリ帰還・ジュノー結婚までが収録エピソード。アワーズ本誌で読んでいるのに単行本でも繰り返し読み返しが出来る相変わらずの面白さ。いま一番面白い歴史漫画だと思う。
  • ナポレオン~覇道進撃~ 1巻
    いよいよ新章開幕の第一巻!

    待ちに待っていました。

    長谷川さんの描く極限時代の男性群像がリアルでえげつなくて残酷で楽しそうで大好きです。

    フランス革命やその後の第一定性時代の歴史書をいくつも読んできましたが、著者の描く人物設定がそれらの伝記とリンクしたり外れたりしてとても楽しく読めます。

    ...続きを読む
  • ナポレオン~獅子の時代~ 15巻
    ハマった。。。この15巻で第一部終了のようだが、あとが気になる。 早く読みたいぜ。

    戦記ものっぽい物語後半(7巻以降)よりも、政治史色の強い前半のほうが個人的には好き。ナポレオンを軸として、ミラボー、マラー、ダントン、グートン、サンジュスト、サド侯爵といったフランス革命の“英雄”たちが絡む人間模様...続きを読む

特集