「ヒトラー」おすすめ作品一覧

「ヒトラー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/01/28更新

ユーザーレビュー

  • わが闘争 ─まんがで読破─
    悪名高いヒトラーの「我が闘争」だが、
    マンガで読む限り、少なくとも日本人にとって、
    禁書という程の危険性は感じなかった。

    むしろ、日本の歴史や現代との比較で勉強になる。
    異民族の混血が進み、国内の多数派を脅かす、
    というヒトラーの主張は、
    「五族協和」を満州で唱えた大日本帝国とは少し違うが、
    現代...続きを読む
  • わが闘争 ─まんがで読破─
    今日、ヒトラーについての言説は多々あり、本書の原著については、第二次大戦当時のドイツ人にとっての必読書、そして、青少年にとっても教科書以前に読むべき書のように位置づけられていたように認識している。

    史実が語る稀有の独裁者ヒトラーの人物像と、特にホロコーストというドイツが行った歴史的な虐殺行為への...続きを読む
  • わが闘争 ─まんがで読破─
    いやぁ…
    いいっすよー、「まんがで読破」シリーズ。
    名作はやっぱり、名作だ、と言われる理由があるんです。
    きれいなんです。何かが。
    考えがまとまってる。っていうかー…。ともかく、いい!
    だけどね、名作をね、普通に読もうとしたら、時間取っちゃう。
    そんな人にすごくおすすめ。
    漫画だし、手短くまとめられ...続きを読む
  • わが闘争 ─まんがで読破─
    「光か…だが俺には人間の姿をした悪魔のようにも見える……」
    まんがで読破シリーズ2冊目

    ヒトラーの生い立ち・ナチス党の結成・どのように成り上がっていくのかが描かれている。

    ホロコースト等、ヒトラーの所業を許容するわけでは決してないけれど、彼の辿った運命には同情したくなるような気もした。

    もし、...続きを読む
  • わが闘争 ─まんがで読破─
    ドイツでは未だに販売に制限がかけられ続けている『我が闘争』。

    偏った人種差別の論理を強く正当化していることを遠くから捉えて眺めてみることが大事。


    その点漫画はとても読みやすかった。

    生産活動に秀でたドイツ人にユダヤ人が入り込むことで、自らは生産しないにも関わらずドイツ人を社会契約のうえで支配...続きを読む