「セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ」おすすめ作品一覧

「セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/27更新

ユーザーレビュー

  • 誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~
    グーグル検索をビッグデータ分析することで、SNS書き込みやアンケート調査では見えない人間の「ヤバい」本性が見えてくる。
    仕込まれているA/Bテストが莫大な利益を稼ぎ出している。
    ビッグデータ分析の可能性を示唆すると共に、その限界、次元の呪い、そして個人の特定はできないことも示している。
  • 誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~
    ビッグデータで何がわかるか?というのを具体的に教えてくれる。
    多くのデータが集まる程、カテゴリー分けができて細かい分析ができるというのが興味深い。多くの変数をそれより少ない観察数で分析すると、あやまった因果関係や相関に翻弄される。観察数の数がビッグなのがポイントなのである。

    以下 具体例の数々
    G...続きを読む
  • 誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~
    主に検索データに基づく、人間の性向を捕捉する試みを記述。検索という行為はパーソナルなもので、その人の次の行動を予測し得る。ハーバード大学の卒業生の平均年収は高いが、ハーバードに受かったが他の大学に行った人(同じレベルの学力を示唆する)の年収も実は同レベルだった。トップ高校にぎりぎりで入った人のその後...続きを読む
  • 誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~
    グーグル検索という行動が示す人間の本性をあらわにした本。テーマとしては差別、ポルノ、SEX、政治が多い。結局みんなそういうのが大好きだということ。
  • 誰もが嘘をついている~ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性~
    Googleの検索履歴を用いた社会分析の研究者として、Googleのデータサイエンティストの職にも就いていた著者が、最も人間の欲望や本当の姿が赤裸々に表現される検索ワードで、どこまでの分析が可能かをウィットに富んだ語り口でまとめた1冊。

    分析対象としている検索ワードには個人を特定する識別子はない(...続きを読む