作品一覧

  • 半熟卵のエンジン
    4.0
    大学受験を控えて勉強に追い詰められた「おれ」のささやかな楽しみは、普段は喧嘩ばかりしている姉ちゃんが作ってくれる、美味しい夜食だった。豚丼にのってふるふると揺れる半熟卵は、未来を予感してふかす、僕のエンジンのようで……。表題作「半熟卵のエンジン」ほか、だれかに話すほどでもない、でも、自分にとっては大切だった場所、記憶――。青春時代の、触れたら壊れてしまいそうなエピソードを丁寧に扱った、短編集。
  • ティーンズライフ
    4.0
    夢にむかって一生懸命な恋人。女たらしだけどにくめない親友。部活に燃えていて、まだ将来の目標なんて見つけられない「僕」――。空が飛べるわけでも、超能力が使えるわけでもない、ふつうの高校生の“僕”たちの、それでももう、二度とは来ないあの一年間。
  • ティーンズライフ

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    普段あまり読まないタイプの作品、一気読み。

    講談社さんのモニターに応募し、その際に出した感想文と内容を少し変えてアップ。

    *****

    大好きな彼女、親友、周りの愛すべき人々。
    今しか感じられない気持ち、過ごせない時間。まぶしくてあまずっぱい。
    “青春”を表現する上で使い古された形容詞になってしまうけれど、この小説にはたくさんそういったものが詰まっている。
    とてもピュアでひたむきで、弱いからこその強さも持っている、そんな少年少女たちが描かれた青春小説。

    微笑ましくていい恋してるなぁって主人公に思わずにやっとさせられつつ、彼と彼の周囲の人々に訪れるいくつかの試練を見守る。
    夢を追いかけたり

    0
    2019年04月22日
  • ティーンズライフ

    Posted by ブクログ

    中学、高校のそれぞれ3年間。
    決して長い期間でもなく、むしろあっという間に過ぎ去ってしまう3年間。

    狭い世界で、
    狭い仲間で、
    狭い思考で、

    大人になって振り返るとそれはただただ恥ずかしく、甘ちゃんなことなのかもしれないけど、それでもそんな『狭い』領域の中で、ものすごく真剣に悩み、濃厚なコミュニケーションをとっていたあの時代。

    そんな成長期が舞台の青春小説が大好きである。

    本書も高校2年の春夏秋冬を舞台にクラスメイトのそれぞれが持つ悩みと、それを支えきれずに悩む仲間たちの心象風景が描き出されている。

    最近長らく連絡が取れなかったサークル仲間とfbでまた繋がったが、久々に当時の思い出を

    0
    2014年07月01日
  • 半熟卵のエンジン

    Posted by ブクログ

    しんみりする作品だけでなく、陰のある作品も入っている。
    自分に当てはめて考えられる題材が散りばめられているので、どんな人でも収録作のどれかは楽しめるはず。

    0
    2014年05月20日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!