「縣秀彦」おすすめ作品一覧

「縣秀彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/10/12更新

ユーザーレビュー

  • オリオン座はすでに消えている?(小学館101新書)
    冬の夜空を彩る人気星座「オリオン座」。その中でもひときわ目立つ1等星「ベテルギウス」は太陽の1000倍の直径を持つ巨大な恒星だが、星としての寿命を迎えた「赤色超巨星」という状態になっており、すでに「超新星爆発」を起こしている可能性もある。地球から約640光年という、宇宙の中では近い位置にあり、640...続きを読む
  • オリオン座はすでに消えている?(小学館101新書)
    現在私たちが見ている星たちは、もう何万年も前の姿であり、
    今この瞬間はもうないのかもしれない。

    子供の頃にそんな話を知り、衝撃を受けた人は多いだろう。

    本書ではその話をもう少し具体的に解説してくれる。
    対象になっているのはオリオン座の一等星ベテルギウス。

    東京都内でもはっきり見えるため、なじみ...続きを読む
  • オリオン座はすでに消えている?(小学館101新書)
    まもなく寿命を迎え超新星爆発をするといわれているベテルギウス。果たして新星爆発が起こったらどうなるのか? 素人にも分かるように書かれていて、とても楽しく読むことが出来ました。
    でも、一番ワクワクしたのは最終章で語られる、宇宙で生まれる物質を知ることが生命誕生の秘密を紐解くことに繋がるという話です。人...続きを読む
  • オリオン座はすでに消えている?(小学館101新書)
    星空、天文学が好きな自分にとってオリオン座のベテルギウスがいつ超新星爆発するのかとっても興味がある。そんなこともあって本書を手にとってみたが、本書はとても分かりやすく説明をしてくれていた。宇宙の始まりや、ダークマター、ダークエネルギーの話、とても興味深い。これから星空宇宙天文検定を受験する自分にとっ...続きを読む
  • オリオン座はすでに消えている?(小学館101新書)
     タイトルは煽りすぎ。ベテルギウスの超新星爆発の話題はあくまでもつかみにすぎなくて,宇宙論・天文学をオーソドックスに紹介する普通の本だった。