「西条泰」おすすめ作品一覧

【西条泰】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/11/22更新

ユーザーレビュー

  • ドキュメント副知事 猪瀬直樹の首都改造・一八〇〇日
    元MX都政担当記者が書いた、猪瀬元副知事の活躍&奮闘記。出版されたのが、2012年9月と何とも言えない時期。そして、かなり好意的に描かれているのも、何とも言えない。。。こんな心の狭い考え方ではいかんと思いつつ、邪推してしまう。

    内容は今まで読み聞いた話なので、目新しいことはありませんが、猪瀬さんを...続きを読む
  • ドキュメント副知事 猪瀬直樹の首都改造・一八〇〇日
    2013年1冊目。

    東京都知事に就任した、元副知事の猪瀬直樹氏をある記者が追ったドキュメント。
    副知事時代に挑んできた課題や、そこへの取り組み方(スタイル)が書かれている。
    読んでいて特に感じた作家であるが故の猪瀬氏の資質は、以下の3つ。

    (1)作品の真実性を追求するため、徹底的にファクト(事実...続きを読む
  • ドキュメント副知事 猪瀬直樹の首都改造・一八〇〇日
    橋下は大阪から、猪瀬は東京から日本を変える。
    石原慎太郎知事との「作家コンビ」の5年間のすべてを「番記者」が記した。
    16万5千人の都職員を前に、「特命」副知事が挑んだ「ゲリラ戦」

    猪瀬本人の著書に「東京の副知事になってみたら」という本がある。
    この本を読んだ時に「(この本は)中からみた東...続きを読む
  • ドキュメント副知事 猪瀬直樹の首都改造・一八〇〇日
    切り口が面白い。
    「作家に何ができる」
    「石原と猪瀬、それぞれの三島由紀夫」
    「異端の副知事」
    と、こちらの興味が沸くテーマで猪瀬直樹を捉えている。猪瀬直樹が副知事に就任してから実行したことの羅列で終わらず、そこに著者独自の視点が盛り込まれていて、読んでいて面白い。

    また、当然かもしれないが、猪瀬...続きを読む