羽生田栄一の一覧

「羽生田栄一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/12/03更新

ユーザーレビュー

  • [イラスト解説]ティール組織――新しい働き方のスタイル
    あまりに長く読みたいとは思いながら手を伸ばせなかったティール組織について、挿絵と簡潔な文章で非常にとっつきやすくなっていた
    これまで組織に感じていた違和感を言語化するきっかけにできたように感じる。
    実際、自組織でどう実現するかこの本を片手に模索したい
  • [イラスト解説]ティール組織――新しい働き方のスタイル
    新しい組織の在り方が現れつつあることを示された「ティール組織」。その分厚いビジネス書を、もう少し読みやすく簡単に、イラストも交えて、解説、入門書のような位置づけで書かれたものです。「ティール組織」では、細部が詳細に書かれているため、却って見えにくかった全体像が良く分かると思います。Tealに至るまで...続きを読む
  • [イラスト解説]ティール組織――新しい働き方のスタイル
    シンプルに「組織も生きている」というイメージが体感できた1冊。生きているからこそ、その組織らしい生き方で、自然に、より良い方向や目的に向かうことが大切。そのために、個人が最大限のパフォーマンスを発揮できる環境づくり(自己管理)、安心してありのままの自分を出せる場(全体性)、社会の現状を読み取り、自分...続きを読む
  • Scalaスケーラブルプログラミング第3版
    Scalaはマーティン・オーダスキーMartin Odersky氏が開発したオブジェクト指向と関数型プログラミングを融合させたハイブリッド言語。両者の利点を取り入れているが、関数型言語として注目される傾向が強い。
    関数は自己完結しており、状態を持たないため、可読性や保守性が高まり、テストが容易になる...続きを読む
  • [イラスト解説]ティール組織――新しい働き方のスタイル
    ■概要
    今までのピラミッド型の組織では、社会の複雑な課題に対応できない。生態系を模擬したように自律分散的な「ティール(青緑)組織」が解決の糸口になる。ってことをイラストで解説した本。

    ■気になった言葉
    - ピラミッド構造に従って働き続けるにはあまりに複雑
    - ヒエラルキー構造では複雑系に対処できな...続きを読む