葉山嘉樹の一覧

「葉山嘉樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

無料
万福追想
0円(税込)
無料
氷雨
0円(税込)
無料
死屍を食う男
0円(税込)
無料
工場の窓より
0円(税込)
無料
海に生くる人々
0円(税込)
無料
牢獄の半日
0円(税込)

作品一覧

2015/04/16更新

無料あり
井戸の底に埃の溜つた話
  • ブラウザ試し読み

無料あり
淫売婦
  • ブラウザ試し読み

無料あり
海に生くる人々
  • ブラウザ試し読み

無料あり
運動会の風景
  • ブラウザ試し読み

無料あり
工場の窓より
  • ブラウザ試し読み

無料あり
坑夫の子
  • ブラウザ試し読み

無料あり
死屍を食う男
  • ブラウザ試し読み

無料あり
浚渫船
  • ブラウザ試し読み

無料あり
セメント樽の中の手紙
  • ブラウザ試し読み

無料あり
乳色の靄
  • ブラウザ試し読み

無料あり
生爪を剥ぐ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
氷雨
  • ブラウザ試し読み

無料あり
万福追想
  • ブラウザ試し読み

無料あり
遺言文学
  • ブラウザ試し読み

無料あり
牢獄の半日
  • ブラウザ試し読み

無料あり
労働者の居ない船
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • セメント樽の中の手紙
    表題作初見は高校の教科書だった。当時何度も読み返した思い出がある。とても短い作品だからか、読みやすかったということもあっただろう。

    手紙の形式で劇的な場面が淡々とつづられ、それを読んだ夫婦の何気もない会話には、日々の生活―圧倒的な運命の重圧が潜んでいる。このコントラストのまぶしさを、未熟ながら感じ...続きを読む
  • セメント樽の中の手紙
    表題作をはじめ、どの短編もせちがらく、泣いてしまいました。哀しいだけで終わらない、暗い救いを見出させてくれるのがこの本の素晴らしいところです。
  • セメント樽の中の手紙
    近代という時代を築き上げてきた人々の過酷な労働条件、生活を見ることができる。
    女工の恋人に対する思いが手紙に溢れていて、切なくなる。また、それを読んだ与三の気持ちも想像してみると、やるせない気持ちになってくる。短いが、プロレタリア文学を代表する素晴らしい作品だ。
  • セメント樽の中の手紙
    表題作は道徳の教科書で読んだけどすごかった…。
    重く、苦しく、極限。衝撃のプロレタリア文学です。
    ホラーな「死屍を食う男」はまた別の魅力です。
  • セメント樽の中の手紙
    葉山嘉樹は、同時期に隆盛した「新感覚派」にも似た手法で
    プロレタリア文学の芸術性を高めたことが知られる
    それは結果的に
    強い暗示力を、作品に持たせることにもなった

    「セメント樽の中の手紙」
    セメント樽の中に入っていた手紙を読むおっさんの話
    手紙は若い女の手によるものだった
    教科書にも載ったりして有...続きを読む