葉山嘉樹の一覧

「葉山嘉樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

万福追想
無料
0円(税込)
氷雨
無料
0円(税込)
死屍を食う男
無料
0円(税込)
工場の窓より
無料
0円(税込)
牢獄の半日
無料
0円(税込)

作品一覧

2015/04/16更新

淫売婦
無料あり
海に生くる人々
無料あり
運動会の風景
無料あり
工場の窓より
無料あり
坑夫の子
無料あり
氷雨
無料あり
万福追想
無料あり
遺言文学
無料あり
牢獄の半日
無料あり
労働者の居ない船
無料あり

ユーザーレビュー

  • セメント樽の中の手紙
    表題作初見は高校の教科書だった。当時何度も読み返した思い出がある。とても短い作品だからか、読みやすかったということもあっただろう。

    手紙の形式で劇的な場面が淡々とつづられ、それを読んだ夫婦の何気もない会話には、日々の生活―圧倒的な運命の重圧が潜んでいる。このコントラストのまぶしさを、未熟ながら感じ...続きを読む
  • セメント樽の中の手紙
    表題作をはじめ、どの短編もせちがらく、泣いてしまいました。哀しいだけで終わらない、暗い救いを見出させてくれるのがこの本の素晴らしいところです。
  • セメント樽の中の手紙
    小林多喜二と並ぶプロレタリアート文学の旗手、ということで読んでみた。
    小林多喜二よりも、モダンな感じがする。
    同じ福岡県出身ということもあって、夢野久作っぽいところもあるが、気のせいかもしれない(夢野は福岡市、葉山は京都郡)。

    短篇が8編収められているが、最後の「氷雨」が秀逸。

    小林にしても葉山...続きを読む
  • セメント樽の中の手紙
    近代という時代を築き上げてきた人々の過酷な労働条件、生活を見ることができる。
    女工の恋人に対する思いが手紙に溢れていて、切なくなる。また、それを読んだ与三の気持ちも想像してみると、やるせない気持ちになってくる。短いが、プロレタリア文学を代表する素晴らしい作品だ。
  • セメント樽の中の手紙
    表題作は道徳の教科書で読んだけどすごかった…。
    重く、苦しく、極限。衝撃のプロレタリア文学です。
    ホラーな「死屍を食う男」はまた別の魅力です。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!