山室寛之の一覧

「山室寛之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/02更新

ユーザーレビュー

  • 1988年のパ・リーグ
    1988年と聞くとやはり反応してしまう、パ・リーグ者としては。
    テレビ朝日が「ニュースステーション」の中で放送を続けた伝説の10.19ロッテ対近鉄のダブルヘッダー第2試合だけでなく、阪急の身売り、そして南海の身売りと福岡への移転。なんでこんなことが同じ年に起きるのかと、興奮し、胸を痛めたことは今もよ...続きを読む
  • 1988年のパ・リーグ
    1988年のパ・リーグ。近鉄涙の10·19と南海、阪急の身売り。セパの格差がピークだった頃。ニュースステーションで異例の生中継。今にして覚えばパ・リーグ再生の萌芽となった1年。

    プロ野球の球団保有チームは経済情勢を表している。地域密着の電鉄会社から流通のダイエー、リーサのオリックス。今ではネット社...続きを読む
  • 1988年のパ・リーグ
    南海・阪急の身売りと10.19が話の2本柱。有藤のあの抗議は仰木への当て付けだったと知って驚愕。有藤には有藤の理屈があるのだが、やっぱりしてはいけないことだった。
  • 1988年のパ・リーグ
    南海ホークスはダイエーへ、阪急ブレーブスはオリックスへそれぞれ譲渡された。10月19日、仰木監督率いる近鉄はシーズン最終戦で優勝に挑み、勝つことはかなわなかった。どれも昭和の最後の年、1988年に起こったことだ。

    本書は、日本プロ野球パ・リーグにとって盆と正月が一緒に来たような1988年のドキュメ...続きを読む
  • 1988年のパ・リーグ
    ホークスが福岡に行く経緯がこの本のメインかな。タイトルから10・19のダブルヘッダーのことかしらと思ったらそちらは割とボリューム少なく、買収劇の裏側を描くゴリゴリ硬派な本だった。それでも知らないことが多く興味深く読めた。
    ただ、最後の章の例の10・19の近鉄対ロッテ戦の選手の名前が間違っていてそこだ...続きを読む