山室寛之の一覧

「山室寛之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/02更新

ユーザーレビュー

  • 1988年のパ・リーグ
    1988年のパ・リーグ。近鉄涙の10·19と南海、阪急の身売り。セパの格差がピークだった頃。ニュースステーションで異例の生中継。今にして覚えばパ・リーグ再生の萌芽となった1年。

    プロ野球の球団保有チームは経済情勢を表している。地域密着の電鉄会社から流通のダイエー、リーサのオリックス。今ではネット社...続きを読む
  • 1988年のパ・リーグ
    南海・阪急の身売りと10.19が話の2本柱。有藤のあの抗議は仰木への当て付けだったと知って驚愕。有藤には有藤の理屈があるのだが、やっぱりしてはいけないことだった。
  • 1988年のパ・リーグ
    南海ホークスはダイエーへ、阪急ブレーブスはオリックスへそれぞれ譲渡された。10月19日、仰木監督率いる近鉄はシーズン最終戦で優勝に挑み、勝つことはかなわなかった。どれも昭和の最後の年、1988年に起こったことだ。

    本書は、日本プロ野球パ・リーグにとって盆と正月が一緒に来たような1988年のドキュメ...続きを読む
  • 1988年のパ・リーグ
    中盤の球団売却撃破、ロッテ・ダイエー・南海・福岡の絡む福岡球団売却のじっくりとした展開と、阪急・オリエント・三和銀行の売却劇のスピード感の対比も鮮やかな経済小説風ドキュメンタリーだった。
    売却後の阪急・南海の哀愁、そして10・19決戦のドキュメンタリーは濃度という観点で少々しぼんでしまった缶があるの...続きを読む
  • 1988年のパ・リーグ
    ホークスとブレーブスの買収、バファローズの死闘など、あの年のパ・リーグは多くのことがあった。30年後、ここまでパ・リーグが盛り上がるとは、誰も予想できなかったのではないか。