芦崎笙の検索結果

  • 公器の幻影
    通常版1巻702円 (税込)
    現役の財務省官僚作家が描くメディアの裏側。 地方紙から中央紙「東西新聞」に移った鹿島謙吾には野心があり、いつの日か自分が書いた記事で政治家の「首」を取ることを、新聞記者としての目標としていた...
    試し読み

    フォロー

  • スコールの夜
    通常版1巻1,620円 (税込)
    第5回日経小説大賞受賞作。日本のエリート社会の典型であるメガバンク。女性総合職第一期生が、本店初の女性管理職に抜擢された。この「出世」が意味するところは? 日本のエリート社会で男性と対等に闘って...
    試し読み

    フォロー