きみがぼくを照らす一覧

  • きみがぼくを照らす
    完結
    4.2
    描く夢は違うけれど同じ景色をみつめてる。若手俳優の環は、27才の誕生日を迎えようとしていた。不採用続きだったオーディションで初めて主役に抜擢され、同棲している恋人・航も係長に昇進。何事も順調だと思っていたが…突然、事務所から主役を別の子にすると言われ―― 恋人の航に告げることもできずに悩む環だったが、ついに不安が言葉になってこぼれてしまう… 近づいて、離れて、また近づいてく。ゆっくりと育つちょっと切なくて温かい愛情、一冊に。

無料で読めるきみがぼくを照らす

最近チェックした本