男性向けライトノベル - Aちき一覧

  • 塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い
    4.2
    胸焼け必至!両片想い男女の甘々ラブコメ! 「佐藤さんは高嶺の花で誰に対しても塩対応。でも、意外と隙だらけだって俺だけが知ってる。写真を撮るのが下手。そのくせドヤ顔しがち。そして、へにゃっと笑う顔がすごく可愛い」 「押尾君は誰に対しても優しい。でも、意外といじわるなところもあるって私だけが知ってる。SNSを使うのが上手。オシャレなカフェの店員さん。そして、悪戯っぽく笑う顔にすごくドキドキする」 ――これは内緒だけど、俺(私)はそんな彼女(彼)のことが好きだ。 初々しくて、もどかしい二人の初恋の物語。 尊さ&糖度120%! 両片思いな甘々青春ラブコメ! ※「ガ報」付き! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。
  • 俺の死亡フラグが留まるところを知らない
    4.5
    平凡な大学生・平沢一希は気がついたらゲームのキャラクターに憑依していた。 しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作中屈指の嫌われ者、ハロルド・ストークスに。 いずれゲーム主人公に打倒される彼の周囲には、死亡フラグが盛りだくさん! 一希は死亡フラグを回避するため、領地の改革や剣の鍛錬などに乗り出した。全ては生き残るために……!
  • 絶対にデレてはいけないツンデレ
    5.0
    「勘違いしないでよね! あなたみたいな人、全然『好きじゃない』んだから!」  そんな、一昔前に流行ったツンデレヒロインみたいなセリフから、俺と蒼月水悠の物語はスタートした。  常にツンツンしている蒼月さんはクラスでも浮いた存在。だけどある日を境に二人きりで話すようになって、冷たい言葉の裏に温かさが隠れていることを知っていく。本当は優しい子なのに、どうして彼女は誰にもデレないのか? それは、蒼月さんが抱える不思議な過去が関係していて……。  ――これは自分を偽る少年少女が、好きな人に「デレる」までの、恋のお話。
  • なぜかうちの店が異世界に転移したんですけど誰か説明お願いします
    値引きあり
    4.0
    気づいた時には、自分の経営している居酒屋と共に異世界に転移していた茜。そんな人間には特別な力が与えられるという。でもチート能力をもっていたのは彼女じゃなく――店でした。その日の売上と引き換えに食糧は自由に補充可能。電気・ガス・水道完備。外敵からの攻撃は反射し、店内は茜が作るルールによって安全地帯。 要塞……のような居酒屋で、今日もほのぼの開店します。
  • あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね
    4.6
    「好きな男の子の心拍に合わせてスマホが震えるの最高」 全国模試1位、高校生ながらその腕で荒稼ぎしている凄腕プログラマー。けど人間嫌いで誰とも喋らない久城紅は、隣の席の宮代空也が大好きだった。初めての感情に戸惑う紅は、その高い技術で空也の情報を集めることが趣味になっていた。集めた情報をもとに十日に一回、空也に話しかけるせつない日々。しかし空也は“人の感情が色で見える”という特殊能力の持ち主で、紅のひそかな好意に気づいており――! 気持ちが言えないハイスぺ女子×恋に不信な特殊能力男子のすれ違いラブコメ!
  • 世界一かわいい俺の幼馴染が、今日も可愛い
    4.8
    ネットから小説家を目指す高校生・米倉透。優等生の浅倉凛に片想い中だが、幼馴染という距離感が邪魔して告白できずにいた。 ある日透は、小説を投稿した後SNSに思いを発信する。 『俺は幼馴染が超超超大好きなんだああああーー!!!!』 以来、クールな凛の態度が変わりはじめて……。 手料理を振る舞ってくれたり、映画デートに誘ってくれたり、「私とハグ…してみますか?」とのお誘いも!?  「勘違いしないでください。あくまでも、疲労回復のためです」 「……(その割には準備万端だな)」 あと一歩素直になれない幼馴染たちの純度100%青春ラブコメ!
  • いずれキミにくれてやるスーパーノヴァ【電子特別版】
    値引きあり
    3.0
    零時から十分間だけ繋がるトランシーバーで、別の惑星のお姫様を自称するスピカと空想を交わしていた高校生イズミの世界は、スピカが地球に墜落したことで一変する。「宇宙人」と「妹」を巡る、青春ファンタジー。 ★【電子特別版】SS特典付属 ※本編読了後に読まれることを推奨いたします
  • 君がいた美しい世界と、君のいない美しい世界のこと
    4.0
    「世界を『リセット』して、もう一度あたしに会いに来い」  高校を卒業したばかりの、ある春の日。  その直前に君を亡くし、失意に沈む僕の元に、突拍子もない君らしい手紙が届いた。  『リセット』するには世界で一番美しいモノを見つけなければいけないらしい――。  僕は一縷の望みに縋り、君に再び出会うための旅に出た。  旅の道連れは、猫頭の怪しげな男・クレセント。  彼の導くまま、僕は『リセット』の手がかりを探して、君との思い出の場所をめぐる。  一緒に過ごした校舎。  初デートで訪れた謎めいた喫茶店。  イルミネーションが輝く公園の並木道。  そうして僕は『リセット』の秘密に、君に、もう一度たどり着く。  ――この恋の結末は、ぜひその目で見届けてください。
  • 君を失いたくない僕と、僕の幸せを願う君
    4.0
    「私は、そうちゃんに、幸せになってほしいの。だから、私じゃ駄目」  高校一年の夏。ようやく自覚した恋心を告げた日、最愛の幼馴染はそう答えた。自分は3年後には植物状態になる運命だ。だから俺には自分以外の誰かと幸せになってほしいのだと。  運命を変えるため、タイムリープというチャンスを手に入れた俺。けれど、それは失敗の度に彼女にすべての痛みの記憶が蘇るという、あまりに残酷な試練で。  何度も苦い結末を繰り返す中、それでも諦められない切ない恋の行方は――。  ごめんな、一陽。お前が隣にいてくれるなら、俺は何度だってお前を助けるよ。

無料で読める男性向けライトノベル - Aちき