【感想・ネタバレ】アイスクリン強しのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年01月08日

明治に入って日々変わっていく全てに翻弄されながらも一所懸命に過ごす菓子屋さんと警察のひとたちのお話。みんな頭の回転が良くて羨ましいです。そして作るスイーツがどれもおいしそうです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月19日

とってもおもしろい!
明治に入り20年すぎたころの、西洋菓子職人とその幼馴染巡査の仲間・幼馴染の女学生を中心に様々な出来事と向き合い解決していく、心温まる物語。
一応時代物なんだけどあまりそんな感じがしない。言葉づかいや文体なんかは近代文学に似通ったところがあるけど読みやすい。
ストーリーはもちろん...続きを読む、キャラがみんなすてき!
それぞれに個性が光っていて、読んでいるうちに、自分もするりとみんなの輪に溶け込んでいるような錯覚になった。
あとは作中によくでてくる西洋菓子がとってもおいしそう~、お腹が空いてきちゃう一冊でもあります!
わたしは主人公の皆川真次郎と幼馴染の長瀬巡査のかけあいが好きでした。
今後の展開が期待できそうな終わり方だったので、続編待機です!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月22日

明治という激動の時代を、ミナの作る西洋菓子を味わいながら、駆け抜けたような気がします。

御維新が産んだ〝光と影〟。栄えた人間と、逆に衰えてしまった人間。そんな中でも強かに生きる若者達の姿に、未来の明るさを感じました。

和菓子でお馴染みの『しゃばけ』シリーズがすきな方にも是非。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月08日

明治時代初期が舞台。世の中の移り変わりと、明治時代ならではの事件。そして、この頃ではまだまだ珍しいとされている西洋菓子。

登場人物が魅力的で、まるでその輪の中に自分が居るような感覚で楽しく読めました。

あと、登場人物たちがあまりに美味しそうにミナが作るお菓子を食べるものだから、ついつい甘いものが...続きを読む食べたくなった(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月05日

明治23年。西洋菓子屋を開く真次郎と、元幕臣の警官たち若様組が、騒動を解決するために奮闘するお話。
西洋の文化がどんどんと入ってくる忙しなさは、現代の私から見ると新鮮な感じがしました。
そんな目まぐるしく変わっていく世の中でも、いつの時代も変わらない人の悩みや苦労、求めるものがあるのだなぁと感じまし...続きを読むた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月09日

文庫版読破20171108。
次巻の「若様組」を読む前に読み直してみました。うん、読んだの大学生の頃だからだいぶ忘れてました(苦笑)シユウクリームとかアイスクリンが美味しそう!「しゃばけ」シリーズと違うのは、時代背景がかなりリアルだと言うこと。明治は新しいものを取り入れ、戦いの時代に逆戻りした時だっ...続きを読むたんだなぁ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月12日

【あらすじ】
西洋菓子は開化の夢――。
明治の築地居留地近く、甘い香り漂う風琴屋(ふうきんや)。今日もまた、お菓子目当ての若様たちが集って嵐が巻き起こる!

お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々お目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西...続きを読む洋菓子屋・風琴屋を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当てに元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれやの騒動が……。キュートな文明開化(スイーツ)物語。

【感想】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月15日

登場人物のキャラがたってる。
面白れー。

ほのぼのとしたストーリーで、のほほんと読めて
読み終わりがほっこり。
こゆうの好き。
ゆるーいの好きな方なら、是非読んでくださいまし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月02日

ぅむ。
別に、スリルがどうとか、手に汗握るとか、そういうのじゃないんです。だから、涙腺が緩むとかでもないし、感動した!!とかっていうのでもない。
こういう類の本で4をつけることは、私にはなかなか珍しいんだけれども。
なんていうか、新鮮だったんですよね。そしてなんというか、秀逸だった。
なんのことのな...続きを読むい青春群像という感じなのだけれども、部隊が江戸→明治に変わって少し経った頃。そして、そのころのお話って切った張ったになりやすいと思うのだけれどもそうではなくて、そのころの「一庶民」のおはなし。皆生活していて。歴史とか、お上に文句とか、そういうことじゃなくて、(ちょっと戦争の下りは唯一そういう意味で意図的に組み込まれたのか、面白かったけど)当時の人たちだから出たのかもしれない視点で(そういう意味で場面設定が面白かった)若者たちの心を映し出していた。
そして、1話1話の小タイトルが「シュウクリーム危うし」、とか、「ワッフルス熱し」お菓子の名前になっていて、そのお菓子が活躍するとともに、その名前に思わず唸るようなストーリーがお菓子とは関係なく与えられているのですよ。
そういう、ひねった感が好きでした。

そして、最後のなんとさわやかなことか!!
風が吹き抜け、思わず微笑んでしまいました。

こういう読後の本は久しぶりだな~。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月08日

時代小説が苦手な人にもおすすめ。アイスクリームがアイスクリン、すき焼きが牛鍋…。そんなに昔でもないけど馴染みが薄い明治の時代が、ちょっと身近に感じられます。そして、登場人物たちがみんな魅力的で、彼等が活躍する話がもっと読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月28日

読んだことない著者で、食べ物を題材にした小説は好きなので手に取る。時は文明開化の時代、西洋菓子を扱う主人公を取り巻く個性の強い登場人物たち。
話も面白かったのだが、もう少し濃いキャラクターを掘り下げて欲しかった。よって次回作を期待したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月10日

明治になってから20年、没落した士族が警察官になる傍ら
居留地で西洋菓子店を営む元士族の真二郎と警察官たちのお話

江戸とか幕末を描いた作品は数あれど、明治の話は珍しい
でも貧民街のあたりは近代化されていない江戸っぽさを感じるんだけどね
漫画だけど、るろうに剣心とかそのあたりをイメージすればよいか?...続きを読む

各話でビスキット、チヨコレイト、アイスクリン、シユウクリーム等のお菓子がキーアイテムとして出てくる
ストーリーとしては日常系ミステリ的な要素も少し

続編はいくらでもありそうな感じだけど、どうなんだろうね?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月02日

しゃばけに比べて、時代考証が雑?かも、しれない
しゃばけの方はスっ、と江戸の世に入り込めたけれども、うまく明治時代に馴染むことが出来なかった。キャラクターがちょっと現代寄りなのかもしれません。
でも、なんとなく優しい雰囲気があって、読み物としては十分おもしろかった。ビスケット買って帰ります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月08日

本屋に並ぶ最新刊が気になり、まずは初めからということで読んでみた。

期待したほどではなかったけど、面白くないわけでもなく。ただ、話にまとまりがあまりないなぁ、と感じた。繋がり方が上手くないというか。

ワッフルとか普段食べたいと思わないけど本の中に出てくるとすごく美味しそうなものに感じます

20...続きを読む16.5.8

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月02日

雑誌『ダヴィンチ』で紹介されていて買ってみた。肩肘はらず、さらっと読める。
ワッフルの香りが漂う♪

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月25日

息抜きに軽く読める作品。
バターとかそういう字をかいてたのね〜、分量を匁で書かれても調べなきゃわからない(笑)って感じで読んでました。
畠中恵氏の作品のヒロインはいつの時代も強く先進的な女性が多いですね。
真次郎くん尻に敷かれそう(笑)
コレラのストーリーはきちんと風呂敷をたたんで欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月22日

明治維新の頃のお話。
真次郎、長瀬、沙羅が中心となる。
今でいうシュークリームやエクレア、
アイスクリームなどなど、
おいしそうなものもたくさん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月08日

アイスクリンなど、美味しそうなお菓子が沢山出てきた。

話としては、ちょっと突飛というか、現実味がないというか…、まさにいつもの畠中ワールドという感じ。

しゃばけシリーズはそういうお話だから良いのだが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月07日

ふはははは

アイスクリン強し
というか
アイスクリン踏ん張るだ
明治の気概と不安
そのなかで
先見の明のあるものたち
なんとももがいていこう

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月14日

時代が「江戸」から「明治」になった後の東京が舞台。
西洋菓子職人の主人公。
元士族で警察官となった友人たちは「若様組」と呼ばれている。
彼らのまわりで起こる事件。
ちょっと期待はずれな部分もあり・・・

このレビューは参考になりましたか?